トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

こめんと

非公開にしました。
今までのは読めます。

| | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

いま、楽しくあること。

初の一日3回更新☆

同期の徹ちゃんと真千子の客演している劇団大富豪を見てきた。

とても笑わせてくれるし、感動させてくれるお芝居だった。私もやりたいって思っちゃった。そう思う舞台って、良い舞台なんだよね。
みんな見るたびに上手くなってる。…なんだかうれしくなる。

そうだよね。積み重ねてることは、必ず形になって表れる。

心と芝居は、磨いても磨きすぎることはない。私も私なりのやり方で、もっと追求していこう。

「一瞬一瞬を感じて、楽しくあること」
いつも自分が言ってる事と、この劇のテーマは、偶然まったく同じだった。

(それでいいんだよ)って上からの確認メッセージ。

了解。
このまま行くね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナマステ・インディア2

ナマステ・インディア2
ナマステ・インディア2

正直、こんなに凄いと思わなかった。すごい出展数…。
カレー屋だけでなく、いろんなアクセサリーや洋服も打ってました。

見たかったけど、私だけ先に退場。これから同期の徹と真千子の芝居を見に行かねば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナマステ・インディア

ナマステ・インディア
ナマステ・インディア

青二の仲間に誘われて・先輩後輩入り乱れ、代々木公園で開催中のインドのイベントに遊びに来た☆

屋台のカレー屋さんが多数出展!美味しかった〜。

しかし私市さん、なんて顔(^o^;メタナイトか(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

感じて、今ここにいること。

なかなか毎日更新っていうのは難しいな…。のんびりだし。
私は、起こったことより、思ったことを書くことの方が多い気がする。

この間、妹と話していて「良い子でいたい、という無意識の束縛がある」という話を聞いた。

良い子でいたい、嫌われたくない…。でも、「良い子」て結局どういう子なんだろう?いわゆる一般的に言う良い子って、実像がぼやけている気がする。

何で嫌われたくないんだろう?
まわりと仲良く調和を保ちたいから。
じゃあ、なんで良い子でいることが束縛になるんだろう?

本当の自分じゃないから。

それは当たり前だとおもう。
そんな実像の掴めない「良い子」と自分が重なるはずがない。
生きてないもん。

「偽りの自分」になることに何か意味があるだろうか?

自分の形があるのに、脱け殻にわざわざ入らなくてもいい気がする。かえっていつまでたっても、真実の自分を評価されることはない。

変でも、周りと違っていてもいいと思う。心があるなら。

「“そういう”もんじゃない」「常識はこうだ」と振りかざしはじめたら思考停止は始まっている。

“そういうもん”ってどういうもん?不特定多数の知らない人の考えなんて、よく分からない。
真に自分の中から出たものじゃないと、響かないし意味はない。

心を込めたことが、偶然、形式と同じ形をとるなら、それはそれでいい。

結局、「〜でなければならない」っていう制限や古い観念が、自分も他人も不自由にしてるのかも。もう世界は自由だし、なんの制限もない。

心のない「形式」は、
見えない世界の存在たちから見たら、きっと一目瞭然。

いつも感じて、そこにいれば、形なんか自由でいいんじゃないかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

今日はお仕事

といっても副業の方(笑)
なんにせよ、楽しいことをやるのがいいよね。

「楽しいとき」って一番、
自分が自分としてそこにいる。純度100%のじぶんになる。

手を伸ばせば、なんでもつかめるのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

ホトケ祭り

ホトケ祭り
ホトケ祭り

「今日は彼岸の中日じゃけぇ、大仙さまに、全国のホトケが集まるんじゃ。ホトケ祭りじゃ。」

お彼岸におばあちゃんちに泊りにいったら、朝からひっきりなしにゴーン…ゴーン、と鐘の音。

どうやら近くの大仙院というお寺で毎年ホトケ様をご供養するお祭りがあるらしい。

お婆ちゃん曰く、宗派は関係なく、全国のホトケ様がここに立ち寄るそうだ。

大仙院には一度もお参りしたことないので行ってみた。門に鐘が付いていて鳴らして入る。

ペラペラの木のお札に経文が書いてあって、計6枚、上から柄杓で水をかけて、ご供養する。なんで6枚なのかというと、「六代前から六代先まで成仏しますように」とかいう意味があるらしい。

宗派とか宗教関係なしに、自分なりのお祈りの仕方でいい、というのが素敵だな、と思った。

そうだよね。
宗派とか、しきたりとか、礼儀作法とかマナーとか…国によっても違うし色々あるけど、結局、最初にあるのは人の心だもんね。

まず、心があって、作法や形式ができる。形ばかりを重要視していると、心が抜ける。そんな「形式」なら、むしろ必要ない。

先祖供養、というのも最初はただ、感謝から生まれたものなんじゃないかと思う。
命がつながっているっていう有り難さ。○○家、とか関係なしに、「命」という意味で遡れば、みんな親戚だもんね。

おばあちゃんちで白い彼岸花を発見。すごく綺麗なのでパチリ☆お彼岸辺りに咲くから彼岸花。他に、マンジュシャゲとかいう呼び方もありますが、昔から笠岡では

『キツネんばら』
と呼ぶらしい(?_?)

…“ばら”…?

原?腹?

さすがは、キツネ化かされ被害&狐火目撃多発土地(^o^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

シンクロといえば・・・

パソが壊れている間、世界妖怪会議に行ってきました。

場所は日本の京都太秦映画村なんだけどね。

私は子供のころ妖怪を見たことあって、

その時から水木しげるさんを知り

同じ感覚の人いたんだ~、とすごく安心したわけですが、

そんなわけでゲゲゲの鬼太郎も大好きです。

で、何度か鬼太郎に出させていただいたご縁で

妖怪会議に同行しました。

鬼太郎関係はまたまとめるとして・・・

最終日、なんだか急に、とても竜安寺に行きたくなり、

一人別行動で石庭を見てきました。

京都の美大に行ってたのですが1度も見たことありませんでした。

Sekitei_2 

入ると、ザ~ッと風が吹き、人がいっぱいいるのに、とても静か・・・。

Sekitei3

騒がしく入ってきた学生も、ここに来るとみんな

この清浄で静かな空気に反応して、徐々に沈黙。

座って石庭を見つめ始めます。

すごく不思議な空間。

ただの石の庭なのに、すべてがここにあるような・・・。

閉鎖されているのに、すべてと繋がっているようなこの場所で

1時間ほど瞑想しました。

どこから吹いてくるのか、たえず涼しい風が流れていました。

すると見つけたこの屏風。

Ki

「 通 氣  」

き、つうず、と読みます。

寺西乾山という方の書。

『通ず、は「とおる」とか「かよう」の他に、「つらぬく」「ゆきわたる」の意味がある。

次に 氣 は、「きもち」など心の働きの意味から

「ちから」「いきおい」、更には

「万物が育つための根源力(生命力)」或いは

「宇宙の万物を生成する霊的な質」といった意味がある。』

とありました。

ああ、だからこんなに 「氣」 持ちがいいのか。

ここには素晴らしく清浄な 気 が流れている。

気が通ってる所には風も流れるからね。

最近になって「スピリチュアル」とか「精神世界」という言葉が

メディアにもあふれ出しましたが、

昔の日本人はそんなことは肌で感じ、

日常生活に馴染んでいたと思います。

ただ、物があふれて時間に追われて、少し感覚が遠のいてただけ。

特別感を得るためとか、

現実逃避のためにスピリチュアルな世界があるのではなく

「真実を見つめて、むしろ根源に還る」こと。

現実主義な人ほど、真実に近ずく時は早いと思う。

もっと、普通のことなんだよ。

外じゃない、今、ここにあること。

魂が喜ぶことをして、いつも本気で楽しくあること。

非日常としてとらえると、実感が遠のいてしまう。

そう、だから絵本でもなんでも、私の表現のコンセプトは

当たり前にスピリチュアル』なんだよね。

24時間、それは周りを包んでいる。

なんで、シンクロなのかというと、

偶然私の妹が、数日前(!)に竜安寺の石庭に来ていたのです。

いつもは福岡にいて、絶対そんな所に行くことないのに。

そして偶然、私の友人も最近ここを訪れていて、

さらにはなんと母も、数年前ですが、フラッと一人で偶然

ここに来ていたそうです。どこなのかも忘れていたそうですが

なんで分ったかというと、この知足の蹲踞(つくばい)。

Taruwosiru

上に「五」とか「矢」とか不可解な漢字が並んでいるように見えますが

これは真ん中の□を「口(くち)」として時計回りに読むと、

「吾、唯、足、知 」(われ、ただ、たることをしる)となるのです。

これを覚えていたのでした。

「知足の者は貧しくとも富めり、

不知足のものは富めりといえども貧し。」

知足の心は釈迦が説いた仏教の精神です。

これは茶道の精神にも通じているので、

人は昔から「物質以外のものによって心も満たされる」

ということを知ってるんだよね。

別に貧しくなくちゃいけないわけじゃなくて、

「永遠のものがある」「なんでもここにある」っていう実感や、

「安心とか幸せは自分の心から始まるんだよ~」ってことを忘れないこと。

西洋の「清貧」の心もその精神性を言ってるんだと思う。

時代というのもあるので、昔は本当に貧しかったり、制限があったと思うけど。

せっかくなので、とった写真紹介しました。

妖怪会議はまたの機会に・・・☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

インドのスケール

くーさんとこ帰りに青山に私書箱を作りに行って終わったころ、

偶然(!)ちょうどそのあたりにいた

友達の永野愛ちゃんから連絡があって、合流。

インドカフェなるものに入りました。

私はバラのシフォンケーキとチャイ、愛ちゃんは「なんとかドサ」っていう、

炒め御飯をクレープでつつんだような軽食を注文。

・・・・のはずだったんだけど・・・

200809161538001_4

  どど~~~ん!!

 200809161536000_2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・。

  言葉を失う愛。

200809161536001_3 

 ぐあしっ!!

 で・・・でか・・・。

200809161539000_3

  あきらめて食べ始める愛(笑)

  あ、でもさっぱりしてて美味しかったですよ♪

 

 

・・・それにしても最近のシンクロや偶然は凄すぎる。

 勝手に上で↑にスケジュール調整されてはめ込まれてるみたい。

 タイミングも絶妙。数時間単位で宇宙に管理されてるようだ。

 愛ちゃんと別れた3秒後(!)

 たくらみ中の企画の電話がかかってきた。

  

 よろしく~♪ってまかせちゃえば頭で考えなくていいから楽だが、

 ここまでジャストタイミングだと、コワイよ神さま(^^;)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

お泊り遊び。

車買いました♪

200809151647001

嘘です。

くーさんの車です。すんごく綺麗な青。

そして、1か月の間に、髪伸びました。

200809152123000_2

…嘘です。

お遊びでつけたウィッグ。

なかなか面白い。

境目をカチューシャで隠すと分かんないもんですね。

あ、ちなみにせっかく、くーさんが訂正してくれた連絡先のメアド、

間違ってました(**) ・・・ 正しくは、

 

voice1-f@nifmail.jp

です。voice  「 1 」  -   f  @ ですね。

いやいや、何度もスイマセン★

200809152154000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

銀河の誕生日

Caxs8sb6

昨日は各地でお祭りだったみたいですね。お祭りは神様と遊ぶ日…。

あらら、考えてみれば昨日は私のギャラクティックバースデーでした。

ギャラクティックバースデーとは、

マヤの暦でいう「銀河の誕生日」です。

図らずしもブログ解説がその日になるとわ・・・☆

そしてくーさん、お知らせありがとうございました。

2~3行ちょろっと触れてくれれば…っていったのに、

まあ、あんなに大々的に…☆ 感謝です。

心配のメール下さった方々、ありがとうございましたm(__)m

データがメーカーから戻ってきたので、全部拝見しました。

私は元気です。声のお仕事も辞めません(笑)

それどころか色々たくらんでいます☆

フリーっていうのは「自由」っていう意味でもあるので。

事務所を辞めたのも、

究極的には、大きなことではないようにも思います。

だって、同じ世界にいる限りみんな繋がっていて、

何かを伝えるために物を作っている、仲間だから。

一度触れあえば、もう切れることはない。

人の繋がりはそう簡単に消えるもんじゃありません。

ただ、私はとてもうっかり屋さんで計算も苦手なので、

それだけは大変ですが(笑)

最初はただ、種まきかなあ。

でも、「良いもの」も「悪いもの」も、

これから完全に自分が撒いたものが返ってくるのは、本望です。

自分にしか歩めない道。

どうせなら楽しんでいこうと思います♪

これからもよろしくね☆

あ、そうそう、こちらが本館のHP「Horse&Hatook!!」です。↓

http://www5f.biglobe.ne.jp/~tinowa/

こちらのメールフォームでも、メッセージ&お仕事の依頼(笑)

受け付けてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

お知らせ&ご心配をお掛け致しました。

みなさま、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
今日やっと発表できる状態になったので、お知らせします。

私、大本眞基子は、7月24日付けをもって
長年お世話になった青二プロダクションを円満退社いたしまして、
7月26日から、しばらくフリーとして活動してみることに致しました。

事務所を出た理由をよく聞かれるのですが、

とくに理由はありません。

青二プロダクションは素晴らしい事務所です。

一人ひとり大好きだし、

ここまで自分を育ててくれた家であり

スタッフさんたちはここまでくれば家族と同じです。

離れることはすごく切なかったし、さみしいけど、

なぜか「直感」が来たんです。

もし今、なんの肩書きもないゼロの状態になったとき、

今度はどんな直感が湧いてくるのだろう?

学生、会社員、〜所属、役職、

人が肩書から解放されることってあまりないけど

ゼロになって何もない所に飛び出した時、

本当の自分の中には、何が生まれるんだろう?

・・・それを、見てみたい。

自分の中が急激に変化して、

今までと周波数がずれてしまったのかもしれません。

だから事務所にはそのまま、

「直感がきたんです」
「周波数が合わなくなったんです」と切り出しました。

最初はみなさんポカ〜ンでしたが、
「・・・というのは、」と説明して

理解されなくても、「真実」を薄めずに伝えたくて
自分の言葉で最後まで話しました。

たとえ言葉は上手くなくても、

「目の前の人が真実を体現しているかどうか」

は人間、わかるんだと思います。

言葉を超えて理解してくれて

話したことで、より絆が深まったようでした。

自分が、変わってて良かった。
嘘つけなくて良かった。
不器用で良かった。

こんなとき、本当のことを話してるって伝わるから。

飯食いたくなったらいつでも電話して来いよ、
娘よ!と声掛けられ、暖かさに涙が止まりませんでした。

直感で動くので直感で戻るかもしれないし、
別のところに行くのかもしれない。
そのままフリーなのかもしれない。

今の私には分からないけど、

とりあえず今は、パカッと頭のフタが開いて

どんどん自分に還っている感じです。

厳しくても、直接、世界と関わること。

今、私はその実感を求めているのかもしれません。

実は、こんなに遅れたのには理由がありまして、

なぜかフリーになる日の夜中12時から急に、
パソコンが壊れ、クーラーが壊れ、携帯が壊れ、FAXが壊れ、

家電の子機も壊れ、電化製品のすべてが壊れてしまいました(^^;)

パソコンは立ち上がる時もあったのですが、
ある日プツン☆と画面真っ暗。

その間、メールも見ることができず、
強制的に外部との連絡手段をシャットアウトされた感じでした。
まるで何かの儀式のように。

ほとんど電化製品を買い換え、
パソコンも購入し、やっと今日使えるようになりました。

何も外の情報が入らない1か月。
ひたすらハガキを作ったり、ボイスサンプルを作ったりしてました。
でも今考えると、すごくその期間がリセットになったようです。

きっと無意識のレベルで私の波動が変化したから、
今まで馴染んでいた電化製品が一気に飛んじゃったのかな?

ホームページビルダーなくしてしまったので、

当分向こうのページは更新できません。

こちらのブログからのお知らせになると思います。

これからもマイペースで歩いて行こうと思っておりますので、

今後ともよろしく、お願いいたします。

お仕事の依頼等は、しばらくは下記のメールアドレスの方までよろしくお願い致します。

voice1-f@nifmail.jp

2008年9月14日  中秋の名月の日に。

大本眞基子

| | コメント (9) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年10月 »