« インドのスケール | トップページ | ホトケ祭り »

2008年9月18日 (木)

シンクロといえば・・・

パソが壊れている間、世界妖怪会議に行ってきました。

場所は日本の京都太秦映画村なんだけどね。

私は子供のころ妖怪を見たことあって、

その時から水木しげるさんを知り

同じ感覚の人いたんだ~、とすごく安心したわけですが、

そんなわけでゲゲゲの鬼太郎も大好きです。

で、何度か鬼太郎に出させていただいたご縁で

妖怪会議に同行しました。

鬼太郎関係はまたまとめるとして・・・

最終日、なんだか急に、とても竜安寺に行きたくなり、

一人別行動で石庭を見てきました。

京都の美大に行ってたのですが1度も見たことありませんでした。

Sekitei_2 

入ると、ザ~ッと風が吹き、人がいっぱいいるのに、とても静か・・・。

Sekitei3

騒がしく入ってきた学生も、ここに来るとみんな

この清浄で静かな空気に反応して、徐々に沈黙。

座って石庭を見つめ始めます。

すごく不思議な空間。

ただの石の庭なのに、すべてがここにあるような・・・。

閉鎖されているのに、すべてと繋がっているようなこの場所で

1時間ほど瞑想しました。

どこから吹いてくるのか、たえず涼しい風が流れていました。

すると見つけたこの屏風。

Ki

「 通 氣  」

き、つうず、と読みます。

寺西乾山という方の書。

『通ず、は「とおる」とか「かよう」の他に、「つらぬく」「ゆきわたる」の意味がある。

次に 氣 は、「きもち」など心の働きの意味から

「ちから」「いきおい」、更には

「万物が育つための根源力(生命力)」或いは

「宇宙の万物を生成する霊的な質」といった意味がある。』

とありました。

ああ、だからこんなに 「氣」 持ちがいいのか。

ここには素晴らしく清浄な 気 が流れている。

気が通ってる所には風も流れるからね。

最近になって「スピリチュアル」とか「精神世界」という言葉が

メディアにもあふれ出しましたが、

昔の日本人はそんなことは肌で感じ、

日常生活に馴染んでいたと思います。

ただ、物があふれて時間に追われて、少し感覚が遠のいてただけ。

特別感を得るためとか、

現実逃避のためにスピリチュアルな世界があるのではなく

「真実を見つめて、むしろ根源に還る」こと。

現実主義な人ほど、真実に近ずく時は早いと思う。

もっと、普通のことなんだよ。

外じゃない、今、ここにあること。

魂が喜ぶことをして、いつも本気で楽しくあること。

非日常としてとらえると、実感が遠のいてしまう。

そう、だから絵本でもなんでも、私の表現のコンセプトは

当たり前にスピリチュアル』なんだよね。

24時間、それは周りを包んでいる。

なんで、シンクロなのかというと、

偶然私の妹が、数日前(!)に竜安寺の石庭に来ていたのです。

いつもは福岡にいて、絶対そんな所に行くことないのに。

そして偶然、私の友人も最近ここを訪れていて、

さらにはなんと母も、数年前ですが、フラッと一人で偶然

ここに来ていたそうです。どこなのかも忘れていたそうですが

なんで分ったかというと、この知足の蹲踞(つくばい)。

Taruwosiru

上に「五」とか「矢」とか不可解な漢字が並んでいるように見えますが

これは真ん中の□を「口(くち)」として時計回りに読むと、

「吾、唯、足、知 」(われ、ただ、たることをしる)となるのです。

これを覚えていたのでした。

「知足の者は貧しくとも富めり、

不知足のものは富めりといえども貧し。」

知足の心は釈迦が説いた仏教の精神です。

これは茶道の精神にも通じているので、

人は昔から「物質以外のものによって心も満たされる」

ということを知ってるんだよね。

別に貧しくなくちゃいけないわけじゃなくて、

「永遠のものがある」「なんでもここにある」っていう実感や、

「安心とか幸せは自分の心から始まるんだよ~」ってことを忘れないこと。

西洋の「清貧」の心もその精神性を言ってるんだと思う。

時代というのもあるので、昔は本当に貧しかったり、制限があったと思うけど。

せっかくなので、とった写真紹介しました。

妖怪会議はまたの機会に・・・☆

|

« インドのスケール | トップページ | ホトケ祭り »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

もくすぺ見てますか?happy02

投稿: 新島 | 2008年9月18日 (木) 19時21分

妖怪会議!そんなものがあったとわ・・・

遅ればせながらブログ開設おめでとうございます!
心配で胃が痛い日が続いてました(;ω;)
なにせ初恋の相手(フィーネさん)の大本さんですから・・・
小5の時から虜になってたなあ・・・こんなかわいくて綺麗な声の人いるんだ!と(^-^;


これからもお仕事がんばって下さいね。大本さんのゆらぎボイスは最高です!

投稿: | 2008年9月21日 (日) 00時10分

初めまして、黒崎と申します。
アニメのカービィで大本さんが大好きになり、いつもサイトを拝見させて頂いておりましたが、2ヶ月くらいサイトを更新されていらっしゃらなかったので「何かあったんだろうか・・・~(°°;)))オロオロ(((;°°)~」みたいな感じだったのですが、ネットサーフィンで検索したら見つかったので正直ホッとしています^^;

遅れましてブログ開設おめでとうございます、青プロさんを退社されたとのことですが、フリーになってもより一層の大本さんのご活躍・・・期待してます!
初対面にて乱文及び長文失礼致しました、これからもお仕事と共にブログ更新頑張って下さいませ!
拝見させて頂きたいと思っております^^
それでは失礼致しました。

投稿: 黒崎咲夜 | 2008年9月22日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101436/23831239

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロといえば・・・:

« インドのスケール | トップページ | ホトケ祭り »