« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

アイデア×楽しむ=∞(無限大)

なんだろう???

8月から、色んな企画が立ち上がりまくりです。

自分で立てたのもあれば、外からのコンタクトもあり、

何?何なの?楽しい~♪って感じです。

自分企画の本格始動は来年からになりそうだけど、

何かの形でみなさまにお届けできると思います。

進めば進んだ先に何かある。

今までだってそうだったけど、

もっと力強く、見えない手にぐいぐい引っ張られてる感じ。

そう。楽しんでればこのワクワク感が来る。

先の心配もしないで・・・なんて考えもあるけど、

“信念”を持ってどんな時でも楽しむという、「意地でも能天気」は

実はこの上なく安全で、しっかりした考え方なのです。

だって思ってることは本当に現実になるんだもん。

これは、

今までの人間社会のどんな良識や統計より正確で、強力な

「宇宙の方程式」なのだから♪

| | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

人混みでイライラしない考え方☆

駅の狭い通路の人混みや

ひしめきあって我先にと昇る階段やエスカレーター、

電車の乗り降りの混雑…

ラッシュの中、人に揉まれて

電車から押し出されながら、ふと思った。

「そうか、これは神様の心臓の鼓動なんだ」

どっくん…、どっくん…、どっくん…

一定の感覚を保ちながら、私たちを吐き出し、

世界を循環させる交通機関。

私たちは世界という、神様の体の中にいる。

そんな目で見ると、狭い通路も、押し合いながら上る階段も、

静脈や動脈、毛細血管だ。

私たちは一人一人赤血球や白血球、

いろんなエネルギーや役目をもった細胞。

一部でぶつかったり詰まったら、

空いてるトコに自然に、しなやかに、流れればいい。

一つの抵抗がなくなると、まわりも自然に流れだす。

元気のない部分には栄養と酸素を運ぶ。

いつも柔軟に、流れの中でエネルギーを伝えて生きる、

一つの細胞でありたい。

人混みが教えてくれた

宇宙の真理。

| | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

空

「そら」…  「くう」…。

空白   空間   空っぽ

 色即是空   空即是色

文字通り、空を見ていると

心が空(くう)に…

空っぽになる。 

現実にあるけど、

現実と直接関係ない「空」は、

日常の合間に自分を映して我に返る、スクリーン。

見上げればいつもそこにあり、

どんなときも見守ってくれている。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

お祭りその2

お祭りその2
お祭りその2
お祭りその2

わたあめ。
ありえない巨大さ。
笑った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

川越祭り


川越祭りに行ってきました☆山車対決面白かった。はじめて見た。

あれってリズム狂ったほうの負けなのかな?

寄付したお店の前で山車がしばらく止まって踊るようだ。

岡山笠岡のお御輿は寄付したお店の前で止まって

「ササゲッ!ササゲッ!ササゲッ!ワーーー!!!」
とやる。ササゲって、「神に捧げる」の「捧げ」なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

ドラえもん

何年ぶりかしら?

のび太オーディションぶりくらいに、この前行ってきました(笑)

あの時は至近距離でカメラ回ってて緊張したなあ・・・。

150話。ちょこっとしゃべってます。

☆追加☆ 

151話もちょこっと。探してみてね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カービィCM

お仕事でカービィのCMを録りました。

【DS星のカービィウルトラスーパーデラックス】

http://www.nintendo.co.jp/ds/ykwj/index.html

08.11.6発売 4,800円(税込)だそうです☆
買ってね♪
後楽園のおもちゃ王国でも
カービィのアトラクションはじまってるようですね。
私も行ってみようかな。
他にも色んなところでやるらしいです。
アニメの2期を応援して下さる方々に、
「どこに言えばいいの?」と質問を頂きました。
ハル研とか?CBC(TBS)とか?でしょうか。
う〜ん、私もよくわかりません(^^;)
でも監督とたまたま電話でお話したとき、カービィはいくらでも作れる的な話にもなったし
ポテンシャルは高いかと・・・
それより、大人は入れないって・・・本当かしら?
後楽園行ってUターンだったら悲しい・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

三ツ星食堂の

三ツ星食堂の
MIXオムカレー!
美味しい(*^‐^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目隠しと独占欲

「独占欲」って、「恐怖」 から生まれるのかな、とふと思った。

捕まえておかないと離れていくかもしれないから。

しがみついていないと安心できないから。

それはもしかしたら、

一人故郷を離れて、肉体をもって生まれてきた

さみしさの感覚なのかもしれない。

切り離される不安。

一つだったところから引き離される分離感。

どうしても目に見える世界では、人も物も

別々に存在して個々の世界のように見える。

でも、直感のレベルや、夢、感覚の世界では、

やっぱり今も繋がっている。

朝起きて目をあけると、

私たちは同時に目隠しをするようなものだ。

目をつむって、大変な回り道や苦労をしながら手探りで進む。

でも、そうやって「制限」を経験して、より磨くために、

私たちは生まれてきている気がする。

以前、丹波さんと話した時、全く同意見で驚いた。

表現は違うけど、同じものを感じていてホッとした。

彼は、人間の体は衣服の着替え、

車の乗り換えと同じだと言っていた。

私も、宝物を積み重ねる場所は、

この世基準ではなく、魂基準だと思う。

服や車は古くなったり壊れてしまう。

魂に重ねたものは決して消えない。

見つけた「新しい感覚」は、少しずつ目隠しを外してくれる。

すべては誰の物でもなく、あるべくしてそこにある。

どこにもいかない。

それによ〜くみると、根っこは繋がってる。

もともと繋がってるものを自分の物にする必要はない。

自分の右足を自分の物にしようとして抱え込んだら、

歩けなくなっちゃう。

私たちは切り離されてはいない。

一人なようでも、見えない所ではそうじゃない。

すべて感じあって生きている。

怪我をしたら、そこに白血球やエネルギーが自然に集まる。

バイ菌が入ったら、自浄作用が起こる。

腕を鍛えたら、そこに新しい細胞や筋肉が集まる。

世の中で起こってることって、体の中で起こってることと、よく似ている。

私たちは何だかんだいってても、

生命という巨大な体の中の一部なのだ。

体の表面の細胞か、内面のどの部分か、なんて

どっちでもいいことだよね。

“自分”なんだから。

2連チャン。満月(大潮)だったからかしら?よく来るなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カッコ良いかカッコ悪いか

そんなことを基準にして動くのはもう古い価値観。

そんな基準に行動を左右されていたら、「真実」は見えない。

安全か危険か?常識から外れてないか?どんな評価をされるか?保障はあるか?儲かるか儲からないか?

結局、
仕事選びも人生の選択も、
人の目や安定を気にしていたら、どこに行こうが何をしようが、いつまでたっても前の常識のまま、世界はとどまる。

これからは

「楽しいかどうか」
「幸せかどうか」

が基準になるといい。

ただし、借り物じゃない感覚「本当の自分」が、感じて、見つけて、膨らませなくちゃ。お、エネルギーも一緒だ。深い…。


時代の空気はとっくに変わってる。
手放すのは自分の宿題。

しあわせかどうか。
たのしいかどうか。


本当に、感じていること。

「新しい生き方」提案。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

でか…☆

でか…☆

伊○丹って、いつもディスプレイ凝ってるなあ…

| | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

神様の目で見ること

以前、直感はどんな風に来るのか?という質問を頂きました。

私の場合は、感情的な部分を超えた、強い衝動です。良いとか悪いとか、後先何も考えず、ただ「そうせねば!」っていう感じで来ます。

そのあと、色々ポジティブな気持ちや思いが追い付いてくる。

とりあえずいつも自分をニュートラルにして、偏見をもたないようにしてます。自分の考えも、思い込みじゃないか、人の意見や外の情報じゃないかスキャンして
「純度100%の自分」でいるように、子供の頃から心がけてます。

いつも本当の自分でいたいし、上からのメッセージを、勘違いしたり変な方向にとらえたくないし。

直感かそうでないかを見分ける方法…というか、純粋なメッセージのみを受け取る為に、私はいつも

「真実以外いらない!」

と思ってます。
私にとって、本当に一番必要なものしか入ってこない。…それを信用してる。

表面の私がその時どう感じようが(失敗or成功)、私にとって一番良い経験を知っているのは上↑なので、
「必要なことしか起こさない」=「起こることはみんな良いこと」、なのです。

だから私に出来ることは、いつも純度100%の自分でいること。
借り物の意見じゃなく、思い込まされた幸せじゃなく、
「本当の私」が感じること。「本当の私」が欲しいもの。
それ以外いらない!入ってこない!と、決める。

決めるとそうなるんだよね。

失敗しても、
ひどい思いをしても、
「何を伝えようとしてるんだろう?」「何に気付けばいいんだろう?」と思って正面から向き合うと、何かを掴める。

その経験でしか深く考えられなかった気付きや、素晴らしい贈り物がある。

子供の頃、悲しいことがあると、「神様は私のことが大好きなのに、なんでこんなこと起こすんだろう」と不思議に思ってました。

小5の時、そっか〜起こることはみんな良いことなんだ!と気付いてからは、
「神様とのゲーム」を楽しんでいます。

何に気付けっていってるのかな?おっと!この経験で私が怒ると思ったでしょ。こんなことじゃ怒んないよーん(笑)怒ったら負け。絶望したら負け。はい、もう一回。

相手を憎むより早く真実に近付いて、効率が良い。自分もさわやか。

勝率が上がると、レベルや難易度も上がってきます。
でも本当に起こることに意味を見つけられるようになって、自分の感情や常識を超えて「みんなにとって一番良い結果」を望むようになると、思わぬところからヘルプも来る。

その時すぐこなくても、見えないものに信頼された感じや、喜ばれた感覚が、普通に嬉しい。神様の視点にもっと近付きたい。

勘違いや、陶酔した一人教祖に陥いらないために、ここで効いてくるのが私の場合、「真実以外、いらない」です。

神様…宇宙…集合意識、なんと呼んでもいいけど、その視点から見たら

勘違いか真実か、
偽善か愛か、
見栄か本心か、

そんな事は一目瞭然。

それはただ、そこにある。どうせなら回り道せず、真実が欲しい。
神様の目で見ても恥ずかしくない自分でいたい。

これからはきっと真実しか残っていかない。みんなが直観的になってきているから。

常識やプライドは色んな目隠しになってくる。
だから別に変わっててもいい

「真実以外いらない!」

と思うようになった私です。

マヤの暦、ギャラクティックバースデーについて質問された方が何人かいらっしゃったのですが、「コズミックダイアリー」をネットで調べたら自分の生年月日で調べるページがあるのでそれて割り出せますよ。

うゆさん、覚えてますよ〜(^-^)心配してくれてありがとう。本館HPはビルダー紛失のため、更新できないのです。知らない人には伝えてくだされ(笑)

| | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

綺麗

綺麗

もらったお花。
何の花だろう?キレイ。

| | トラックバック (0)

親戚のおじさま

親戚のおじさま

というくらい、考え方から感じ方まで似ている人と会ってきた。…魂の親戚のほうね。

同じグループって、会っただけで分かるって本当だなと思う。

彼の名前はヒューレン博士。話し掛けると、私をじ〜っと見つめて
「 Oh〜、you〜…」と言った。
「ああ〜君か…」って意味?
もちろん初対面です。
何を感じたんだろう。

しかし分かりにくい「あの」感覚を、体系だてて、テキストに起こしていることが素晴らしい。でもよけいな説明はほとんどない。今は確かに誰にでも開かれた時代。多少分かりにくくても、真実をそのまま突き付けたほうが、分かるようになっていくのかもしれない。

ヒューレン博士は、しくみや意図についての質問にはあまり答えない。確かに、みんなに分かりやすい言葉で説明すると、どんどん真実度が下がってしまう。

「真実」に対する、個人的な質問に答えたら、それは「全体」に共通するものではなくなる。

だからきっと、答えられるけど答えないのだろう。

個人にとっての「真実」は個人にしか分からない。


言葉じゃなくて、感覚、テレパシーで聞かないとわからないことがある。

言葉にできない「感じ」を無理やり言葉にするんだから仕方がない。

どんなに親しい友達にも、どんなに長い時間一緒にいる人や、両親にも、思っていることは100%そのままは伝わらない。言葉では。
この文章だって、一番近い言葉をひねり出してるだけだし。

ただ、真実は一つしかない。
でも、それを見る窓は無数にある。感じ方は一人一人違うし、スイッチボタンも違う。

だから最終的には自分の窓、一番良いやり方を見つけて、「感じ」て「繋がる」しかない。

彼の伝えるホ・オポノポノは間口がとても広いし、自然体で好きだ。自然や他者への深い敬意と一体感がある。「自分だけは」という特別感・分離感と正反対の所にある。

そう、この「当たり前感」、「一体感」なのだ。


不平等、弱肉強食に見えるのは物質の世界だけで、そのまわりを包んでいる見えない世界は全部意味があって繋がってるし、これ以上ないほど正確に平等だと思う。

平和は自分の中にある。自分の中にしかない。それはすべてを引き受けることであり、同時にとても勇気づけられる事実だと思う。
そういえば、Maron「運命の神さま?」に似たようなこと書いた気がする。

同じ真実でもそれを映すレンズはたくさんある。ただ自分なりに、いつも出来る限りクリアに映す窓でありたい。

みんなが誰かの役に立っている。


| | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

巨大シフォン

巨大シフォン
お、おっきい…パパスカフェのシフォン(*_*)

でも美味しかった♪

| | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

自由の鍵

「すべての安全と安定は、外ではなく、内にある。

すべての人の心の中には、ユートピアを開く自由への鍵がある。」

朝の瞑想で受け取ったこと。

楽しみの目で世界を見る。

それが世界を楽しむ秘訣。
すべては自分発信だから。

前に富士山で受け取ったことと同じのが来た。

「楽しみの目で世界を見て、
親しみの目で人を見て、

喜びのままに未来を見なさい。」
神様はいつも見ていてくれる。


こういうこと言いすぎると、巷では「電波」って呼ばれるらしい。
でもなあ。そう感じるんだからしかたがない。真実だから。

考えてみれば確かに、電気も目に見えないし、これも目に見えない思考の波…というか、エネルギーの周波数なんだろうから、そうかもね。

自分にとっては、それが神の声だろうと内なる自分の声だろうと同じ事。

真実の中にいるとき、

自分は神様の中にいる。

ありのままの自分と向き合ってるとき、

神様は自分の中にいる。

誰かが「これが神の言葉だ」というと宗教になる。

自分の頭で考えず、そのまま鵜呑みにすると、依存になる。

みんなレンズが違うのだから、自分で見たほうが話が早い。

もう今は、一人一人が「感じる」時が来ていると思う。もっと普通のことだし、みんなもう、そのレベルの中にある。自分が直接感じれば違和感もない。

ある時急にフッと気持ちが軽くなってポジティブになることあるよね?その瞬間、あるエネルギーの層というか、周波数にアクセスしてるんだと思う。
いつか科学的に証明されないかなあ。早くみんなサイキッカー(笑)になればいいのに。

長いあいだ閉じ込められてた箱の蓋は、もうとっくに開いている。

| | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »