« カッコ良いかカッコ悪いか | トップページ | 三ツ星食堂の »

2008年10月16日 (木)

目隠しと独占欲

「独占欲」って、「恐怖」 から生まれるのかな、とふと思った。

捕まえておかないと離れていくかもしれないから。

しがみついていないと安心できないから。

それはもしかしたら、

一人故郷を離れて、肉体をもって生まれてきた

さみしさの感覚なのかもしれない。

切り離される不安。

一つだったところから引き離される分離感。

どうしても目に見える世界では、人も物も

別々に存在して個々の世界のように見える。

でも、直感のレベルや、夢、感覚の世界では、

やっぱり今も繋がっている。

朝起きて目をあけると、

私たちは同時に目隠しをするようなものだ。

目をつむって、大変な回り道や苦労をしながら手探りで進む。

でも、そうやって「制限」を経験して、より磨くために、

私たちは生まれてきている気がする。

以前、丹波さんと話した時、全く同意見で驚いた。

表現は違うけど、同じものを感じていてホッとした。

彼は、人間の体は衣服の着替え、

車の乗り換えと同じだと言っていた。

私も、宝物を積み重ねる場所は、

この世基準ではなく、魂基準だと思う。

服や車は古くなったり壊れてしまう。

魂に重ねたものは決して消えない。

見つけた「新しい感覚」は、少しずつ目隠しを外してくれる。

すべては誰の物でもなく、あるべくしてそこにある。

どこにもいかない。

それによ〜くみると、根っこは繋がってる。

もともと繋がってるものを自分の物にする必要はない。

自分の右足を自分の物にしようとして抱え込んだら、

歩けなくなっちゃう。

私たちは切り離されてはいない。

一人なようでも、見えない所ではそうじゃない。

すべて感じあって生きている。

怪我をしたら、そこに白血球やエネルギーが自然に集まる。

バイ菌が入ったら、自浄作用が起こる。

腕を鍛えたら、そこに新しい細胞や筋肉が集まる。

世の中で起こってることって、体の中で起こってることと、よく似ている。

私たちは何だかんだいってても、

生命という巨大な体の中の一部なのだ。

体の表面の細胞か、内面のどの部分か、なんて

どっちでもいいことだよね。

“自分”なんだから。

2連チャン。満月(大潮)だったからかしら?よく来るなあ。

|

« カッコ良いかカッコ悪いか | トップページ | 三ツ星食堂の »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに過去のぶんも見直してみたら、当時見たときには分からなかったヒントが、分かるようになってて嬉しい(・_・)


もうすぐ、大好きな人とお別れしなくちゃいけなくて、かなりブルーな気分になってたけど、

そうか、こっちの世界ではしっかり繋がってるんだ。離れてしまうのは目に見える体だけだったんだ。

またしても気が楽になりました。

思えば、辛いとき、悲しいとき、いつもあなたの考え方に助けてもらってます。
ありがとう。
ホントにありがとう。

投稿: brother asmym | 2009年6月 5日 (金) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101436/24533092

この記事へのトラックバック一覧です: 目隠しと独占欲:

« カッコ良いかカッコ悪いか | トップページ | 三ツ星食堂の »