« 怒涛のシンクロ☆天川旅行☆ | トップページ | ご飯&お泊り »

2009年2月26日 (木)

時空を超えたシンパシー

200902201122000_2

200902201116000

↑富士山のてっぺんデス。

パソコン開く間がなく、やっと更新☆

メールや手紙、プレゼントやバレンタインチョコ、暖かいコメント等

下さった皆々さま、本当に、本当に、ありがとうございました♪

・・・ミンナダイスキ(;-;)/☆

さてさて、あれから私はどうしていたかというと、

直感で天川に行ったあとは、もともと旅行計画のあった下関に行き、

偶然にも建国記念日の数日前、吉田松陰の弟子、

高杉晋作が挙兵した、萩の功山寺に行ってきました。

極寒から、南国へ・・・;

去年、時が満ちたことを感じてフリーになり、

今年、大きく動こうと意志を固めていた私は、

ずっと話し掛けてました。

そして、新しい遊びをスタートする前に、

神様に、ある、お願いをしていました。

「自分の『力』を、確認させてください。

自分に、『現実の中の力』を、感じさせてください。」

200902111851000

200902121043000_2

下関からたまたま萩に行き、たまたま通りかかった功山寺。

なにげな~く見ていたお寺。

なにげな~く見上げた、高杉晋作の像。

その時、そこに偶然居合わせたガイドの男性が

観光客に説明している言葉が、耳に入ってきました。

それは、「男子たるもの、どう生き、どう死ねば良いか」と

問いかけた晋作に対し、松陰が残した言葉。

「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。

生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。」

(死んでも志が残るものであれば、いつでも死ねばよい。

生きて大事を為せるならば、いつまでも生きてそれをやればよい)

国の未来のために禁を破り、投獄された松陰。

後に松陰が処刑されることによって、晋作は怒り悲しみ、討幕を誓う。

う~ん・・・。

昔は藩を出ただけで投獄されたり、

考えを話しただけで罪になったりした時代だった。

今はどんな表現をしても、何を伝えても、

監獄に入れられることもなければ打ち首になることもない。

昔の人から見たら、ものすごく自由で幸せな時代だよね。

時代の違い、常識の違いはあっても、

何か新しいものを生み出そうとするエネルギーは

いつの時代もあるんだ・・・等と思いつつ門を出ようとしたとき、

門の手すり、木の杭の部分の傷が目に入りました。

200902121023000 200902261303000

 

なんだろうこれ?と思っていると 

「これは長州の志士たちが気勢をあげ、

出発時に気合とともに切りつけた、刀傷の跡です。」

とガイドさんの声。

ふうん・・・、と通り過ぎようとして、

深く切りつけられた、幾筋もついた刀傷を近くで見た瞬間、

いきなり、強い衝動が飛び込んできました。

うっ・・・!って体が震えるくらい、ものすごい気合い一閃。

当時の気迫と覚悟・・・その臨場感。

「今、ここから日本を変えるんだ!」と奮起して、

この門をくぐり、倒幕に向かった志士たち。

全身全霊のほとばしるエネルギーのまま、

あるものは気合とともに切りつけ、

あるものは雄たけびをあげて、一気に振り下ろした力が、

この木手摺の刀傷から、一気に伝わってきました。

そうだ。

あの時、歴史を変えると誓った者たちは、

まさに今いる、ここ、功山寺で挙兵し、

今くぐっているこの門から、飛び出して行って、

本当に、日本を変えたんだ・・・。

一緒に来たメンバーは、もう先のほうに行ってたので、

私はのろのろ歩きながら、呆然として・・なぜか、急に込みあげて

ポロポロ涙が出てきました。一人で良かった・・・。

歩きつつも、木の杭に刻みつけられた刀傷が

頭を離れませんでした。

死ぬ覚悟をして時代を変えた志士たちに比べれば

どれだけ私たちは、平和な時代に生まれ、楽であることか・・・

昔と今。

ある意味、今は、再び変化の「時」。

幕末と同じ、大きな価値観の変動が起こる「時」だと思います。

繰り返し、

らせんを描いて上昇する時の輪が接する位置に、きている気がする。

うねるように、進化し続ける世界のエネルギー。

大きな時代の流れ、宇宙の流れ、

渦巻いてあがってゆくエネルギーの流れ、

「力」を感じました。

「力」っていうのは、それぞれが持っている「真実」。

それぞれが、本当に実感する真実を、

それぞれの立場で伝えていけばいい。

いまはもう、それだけで、いいのだ。

いまは一人ひとりの真実がすべて必要。

それは戦うことじゃなくて、みんな楽しくあるためのこと。

勇気をもって、とことん楽しむこと。

真実は、『楽しみ』のなかにある。

「自由」を作ってくれた彼らの次に、私たちがすることは、

「進化」なんだと思う。

またまた旅先で、思いもよらぬところに連れていかれた2月でした。

「力」を感じさせてください・・・って、

おお~。時を越えた、こういう形で来るとは・・・☆

200902111912000_2

|

« 怒涛のシンクロ☆天川旅行☆ | トップページ | ご飯&お泊り »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

志士達の強い意志が時代を動かして今、私達がいるんですよね。
そうして繋がってきた今の「自分」をもっと大事にしたいですね。
そうすれば今度は私達の意思が未来に繋がって行くと思います。

投稿: なお | 2009年2月26日 (木) 21時16分

すげー

オレなら ふ~ん

で 終わるか。


いつも、スゴイ ブログだね。

(^O^)/

投稿: 白猫 | 2009年2月27日 (金) 19時11分

不屈の魂を持った彼らのお蔭で今この日、この時、この瞬間を生きているでしょうね。
自分は歴史は好きですが、やはり時代を創ろうとした人々の心や力は学ぶことが多すぎるほどあると思います♪
大本さんも是非、素晴らしい時代を築いてくださいね♪

投稿: 覇喜 | 2009年2月28日 (土) 11時52分

「楽しみの中の真実」ってのはホントに同意・・・


時々、「いかに巧く事を運ぶか」という考えを完全に捨て、
「いかに楽しむか」に全てをかけてしまうことがある。

その時っていうのは本当に幸せなんだよなぁ。
しかも、何故か結果もいい方向でついてくる。

周りの人に話してみても、
信じてもらえないのが悲しいのでした(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: brother | 2009年3月 3日 (火) 13時39分

はじめまして。初めてコメント送ります。いつも拝見させてもらって、いろんな考え方があるんだな〜と勉強させてもらってます。これからも更新楽しみに待ってます。

投稿: まつ | 2009年3月 8日 (日) 02時52分

>なお さま
>白猫 さま

いや、ほんとにそう思いました☆私たちが体現せねば!

>覇喜 さま

一緒に築いていきましょう。自分にしかできない分野で♪

>brother さま

信じてもらえなくとも、体現あるのみ!実際にやったもん勝ち☆なのです(^-^)
>まつ さま

初めまして〜♪
風変わりな考えを楽しみにしてくれてありがとう☆
私も今回勉強になりました( ̄^ ̄)

投稿: Makiko | 2009年3月11日 (水) 20時10分

1ヶ月も前のに今更コメントすみません。俺かなり気まぐれな奴でして…(笑)
んでふと、「自由」って何でこの字なんだろ?「自」は「自分」として、「由」って何?と思って、辞書を引くと(リアルに分厚い方)、「由…よる。基づく。経過する。通る。従う。(一部抜粋)」…と、ありました。うん?「基づく」?マジ?シンクロじゃん!(笑)
…つまり「自由」って「自分に基づく」事。「自分自身の決してブレない土台部分」ってことなんですね~。
何か今まで以上に、「自由」を大事にしなきゃなぁと思いました。
…ハッ!( ̄○ ̄;)
長々とすみませんでした。どうしてもお伝えしたくって。あぁ、幾らなんでも自由にやり過ぎた~。

投稿: エフ・メイカー | 2009年3月25日 (水) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101436/28373148

この記事へのトラックバック一覧です: 時空を超えたシンパシー:

« 怒涛のシンクロ☆天川旅行☆ | トップページ | ご飯&お泊り »