« 息抜き&CM | トップページ | ゲスト講師&ゲームCM »

2009年7月 7日 (火)

宇宙の子供

世の中に「本当に悪い人」っていうのは、いない。

本当は誰も、悪くない。

こんなことを書くと、

「泥棒や詐欺師は悪人ではないのか?

裏切りや傲慢、不義理を働くことは悪ではないのか?」

普通なら、そんな意見が嵐のように返ってきそうだ。

たしかに薄情な人や、心ない人はいる。

エゴが肥大して、人を悲しませても気付かない人もいる。

なんでも自分の支配下におきたがる人もいる。

ひどい、信じられない…

そんな風に見はじめたら、もうキリがない。

表面に表れている悪や、悪い所に集中すればするほど、

どんどん腹は立ち、やり切れなくなるだろう。

でも…

忘れがちなのは、

そんな人達に「恐怖」がある、という事だ。

怖いから、守る。

行き過ぎた「防御本能」は、

「攻撃性」や「支配欲」に変わる。

「ありのまま、そのままでいても安全なのだ」

ということを、信じられない。

意味があって、忘れている。

それぞれが、それぞれの場所で一生懸命考え、

精一杯自分の役割を演じるために。

そうすることで世界に、

色んな刺激や、新しい気付きを、無意識に提供しているのだろう。

生まれたままの、純粋・無垢な、柔らかい部分は、

すべての人が持っている。

今でも、ずっと。

だってみんな元々は、

大きな一つの、

無垢で純粋な、

美しく、暖かいものから生じ、

細かく分かれ、

永遠に循環しているのだから。

…そうは言っても、

身近な人や友達、日常の中に、腹が立つことや、

許せないことはあるかもしれない。

ただ、少し違った見方で人を見ることはできる。

…自分の中にも恐怖があるかもしれない。

傷つけられるのを恐れて周りを見たとき…

自分の内側の声を信じず、

「常識」や「言葉の意味」

「感情」だけで受けとったとき…

もう自分は、「恐怖」という色メガネをかけて、世界を見ている。

自分を信じて自分の道を前へ進むのは大切だけど、

自分の「常識」で人を見た瞬間、

それは「偏見」になってしまう。

「自分の中の大切な部分」と、

「人の大切な部分」は違う。

常識も、価値観も、恐怖を感じる部分も違う。

それこそ、宇宙人を相手にするくらいの気持ちでいるのが

ちょうどいいかもしれない。

行為そのものや、言葉だけで受けとめたり、

「防御本能」で周りを見ると

真実をそのまま見ることはできない。

その人にとっての試練

その人にとっての使命

みんなちがう。

誰もが精一杯、生きている。

私たちにできることは

なるべく自分の恐怖をはずして、

ありのままの状況と現実の中で

その人の「柔らかい部分の心」は、何を思ってそうしたのか?

感情は何を求めたのか?

実際には何が起きていたのか?

「真実」を感じ取ること。

「自分の恐怖の目隠し」を外し、

「相手の恐怖の目隠し」を認識して、

「理解の目」で見ることができれば、一番良い。

いずれにせよ「試練」は

必要な時に、その人に一番、響く形でやってくる。

それを裁くのは別に私たちの役目じゃない。

みんなそれぞれ自分の道を1人で進んでいる。

自分の未熟さも、他人の未熟さも、一番いい形で役割となり、

誰かの試練になり、引いては自分の学びになるのだろう。

ベストなタイミングで出会い、必要なエネルギーの交流をする。

富や権力、お金や名声…そんなオモチャを使ってゲームをしながら、

発見したり、体験していく。。。

きっと、すべての行為は、何かの癒しになり、進化に向かっている。

良いか悪いか。

正しいか間違っているか。

善と悪。

陰と陽。

…きっと「魂」を磨く為に、そんな「概念」がある。

お互い、進化に向かってそれぞれの道を歩む「同志」なのだ。

人を応援の目で見ることができれば、お互いもっと「加速」していく…と思う。

一人だけど、一人じゃない。

見えないところで応援しあい、助け合い、大きなものからも見守られている。

みんな宇宙の子供。

「親しみの目で人を見て、

喜びの目で世界を見て、

楽しみのままに未来を見る。」

私が去年、富士山で受け取った言葉です。

皆さんにもシェア☆

|

« 息抜き&CM | トップページ | ゲスト講師&ゲームCM »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

宇宙の子供ってなにさー?なんなのさー ?
なんて思いながら見てみれば。
自分がつけたH.Nの由来にソックリでビックリ。
今は省略されてますが(笑)

よく分からないけど、こうして体をもって生まれてきたことがみんな、100%、マミーのおかげだとは思えない。 言葉は色々あるだろうけど、神とでも呼ぼうか。

みんな、お母さんが生んでくれた子でありながら、神の生んでくれた子。

だからみんな兄弟。
でもみんな忘れちゃってるのよね・・・
...グスン。

投稿: b.asmym | 2009年7月 7日 (火) 12時57分

今日は七夕。俺の誕生日…って、誰も興味ねー(笑)……(T_T)。
折角晴れたのに、星が見えない。「心」でなきゃ見えない時代になっちゃったんでしょうか。少し寂しいですね。
これはこれで、「何事も心で感じ取れ!」と警告されているようです。
目を閉じなきゃ見えないものの方が、今の時代、多いのかも(笑)。

投稿: エフ・メイカー | 2009年7月 7日 (火) 23時18分

他の人の事をどう思うかというのは結局、自分次第
なんですよね。だからみんなが相手を自分基準だけで
見ないで自分を含んだ大きな繋がりから感じて見れば
世界はもっと素敵になるんでしょうね。

絵本、ありがとうございました。
いつも伝えてもらってる事がわかりやすく描かれていて
とてもよかったです。

投稿: なお | 2009年7月 8日 (水) 22時09分

大本さん、こんにちは☆
大本さんの言葉。ス~っと入ってきて、お腹にストンと落ちた感じがします。
いつも、とても大切なことを、とても分かりやすく伝えて下さりありがとうございます。
宇宙の子供。すべての方が、そのことを思い出す日が来ると、宇宙は輝きますよね☆私も忘れないようにしたいです。

投稿: Nana | 2009年7月 9日 (木) 11時50分

こんにちは。
私もそんな事を考えた事があります。
本当の悪人なんて人は
いないんじゃないか…って
私は手塚治虫さんの作品が
好きなんですが
手塚さんの漫画にもよくそんな感じのものが
出てくる気がします(^-^*)

あと絵本ありがとうございました♪
今、部活で大変な時期なんですが
これを乗り越えたら
きっといい結果が返ってくると信じて頑張ってます(^^ゞ

投稿: 陽向 | 2009年7月 9日 (木) 12時00分

同じ記事へのコメントになるけど、
また見直してます。

数年ぶりに幼なじみにあったら、見た目も中身も、完全な不良少年になっててヘコんでましたが、
よく考えてみれば、全くその通りですね。
また少ししあわせにになれました。ありがとう。


でも、どうしてもその場その場で冷静に判断できない...
気がつく頃はいつも後...

駄目だと分かっていても、どうしても感情的にモノを見ちゃう自分が悲しい...

投稿: b.asmym | 2009年7月17日 (金) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101436/30440004

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の子供:

« 息抜き&CM | トップページ | ゲスト講師&ゲームCM »