« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月17日 (月)

平和への祈り…8.15

Akimakisisi815

先日の、目黒パーシモンホールでのイベント、

無事、終えることができました。

写真は出演アーティスト3人☆

左がAkiさん、私、右が宍倉朋子さんです。

お二人とも歌手なので、ジャンルは違いますが、

根底に流れる表現の精神は同じだな・・・と思いました。

楽屋で話した色んなことの中にも

共通する面がいっぱい。

「よく、役者は歌うように喋れ。(語れ)

歌手は喋るように(語るように)歌え。」

と言われるけど、要するにそこに「本当の想い」が、

「真実」が、現れているかどうかなんだよね。

表現法はなんにせよ、

日常の中で、なかなか言葉で言えない、

あえて言う事もなくしまい込むか、

言ってもすぐには理解してもらえないことを、

「表現」は一瞬にして、その空間に表すことができる。

「コミュニケーション」ではなく、

「感じる世界」だから。

ある人が私の朗読を聞いて

「大本さんが次のセリフを言う前に、

次、誰が喋るかが雰囲気でわかる。

喋る前に空気が変わるんですよ」とおっしゃって

自分では演じている自分を見られないので

へえ〜…と新鮮な発見があったり。

他には、

「起きているのに眠っているような、不思議な感覚になった。

別の世界にいて、 自分の言葉を聞いているのかと思った」

いつもこんな不思議な感じになるんですか?と聞いてきた人もいたり。大方気持ち良く聞いて(寝て?)いただけたようです(笑)。

出席者の中には、色んな人がいて…

論文を書いたり、大学で勉強を続けてる人が、

「私はコミュニケーションが苦手なんですが、

論文や学術レポートなんかは情報の世界なので、

書いたままが、そのまま真実なんですよ。

そこに余計な感情が入らない方が良く伝わる。

だから、今まで感情をなるべく削って削って、抑える、

ってことをずっとやってきた。だから正反対の世界でした。」

と、話してくれました。

「私もコミュニケーション苦手でしたよ?」というと、

「え〜!?信じられない!」と驚かれたけど、

今だって、万人に理解されるコミュニケーションって

良く分からない。

暗黙の了解とか、社交辞令とかも、良く分からなかったし、

なんで人間同士が出会って信頼し合うまで、

こんなに時間がかかるのかも、良く分からなかった。

子供の時は、みんなすぐに仲良くなれたのに。

大人になってくると、

その日、仲良くなった♪と思っても、

次に会った時は、なんだか微妙に閉じている…

なんでだろう?

大人になるにつれて、まわりの人たちが

私の理解できない宇宙人になっていくような感覚だった。

いや、私が宇宙人なのかも?と思った。

子供の頃から神様のことばかり考えているし、

目に見えない世界があるんだ、ということを

人に理解してもらいたくて、

安心感がそこにあるんだということを伝えたくて、

そんな話ばかりしていた。

逆に自分を説明したり、アピールしたり、っていうのが大の苦手で、

「これはちょっと、この世界で生きていくには大変かも…」

と思ったものだ。

これだけ神様のことが大好きで、毎日感じているんだから

仏門にでも入るか、密教僧にでもなるか?と思った事もあった。

でも、小学生の時のある事件がきっかけで、

あ、表現の世界に入って、なにか作品を作る人になろう♪

と思ったのだった。

俗世から離れてできることもあれば、

俗世にいて、できることもある。

私はここで、エネルギーを伝えよう。

表現の世界には嘘がない。

声や、絵画にも嘘はない。

すべてがそのまま感覚であり、

嘘をつかないでいられる、嘘のない世界。

これだ〜☆と、やっと安心して開き直ったのでした。

まあ、選んだ道ごとに試練はあるわけですが。

でも、学会で発表したりする論文の世界も、

「真実を伝えたい」という純粋な思いを持っている限り、

今、この世界にとても必要な手段になると思うのです。

順序立てたデータの世界や、権威の方が

まだ、受け入れられやすい現代…

でも、水面下で変わってきている現代…では

色んな分野の人が、色んな形で、

「知識」から、「感覚」から、「データ」から、「表現」から、

それぞれの思う「真実」を、伝えていけばいいと思う。

自分の答えが人を救うこともある。

コミュニケーションが苦手な人は、

自分の中に変えられない真実があるのかもしれない。

それでいいと思う。

その真実の芽を、暖めて、大切にして、守りながら育てていけば、

いつかそれは、自分だけじゃなく、

みんなを守る大木になる。

次から次へと情報があふれ、

流れの早さに取り残されそうになる錯覚を起こす世界。

でも、「大切なものは目には見えない」

競争とか、プライドとか、肩書きとか、損得とか、

そんなものを超えた先に、

みんなそれぞれが安らげるオアシスがある…と思う。

「だけど目ではなんにも見えないよ。心で見ないとね。」

「大切なものは、目には見えないんだよ」

平和って、 自分の中にすべてあったんだということに

気が付くことなのかもしれませんね。

終戦記念日に、朗読出来て、ほんとに良かった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

あっという間に・・・☆

あっという間に日が過ぎて、お盆です☆

イベントも、もう明日か・・・早いなあ。

明日のコズミックダイアリーのイベントは、そもそも何で出演することになったかというと、

マヤ文明の、28日周期のカレンダーが手帳になってるものがある、ということで、前から使っていたんですね。

そこからご縁が出来て・・・っていう感じです。

とりあえず明日は

【星の王子さま】☆

終戦記念日に、平和への祈りをこめて、朗読したいと思います。


9月の怪し会も、前売りが始まりました。

http://www.tambourine.co.jp/ayakashikai2

昨日もお稽古があって、写真チラシも刷りあがりました。

茶風林さんの演出も冴えていて、楽しい朗読イベントになりそうです。

上のサイトから申し込みされる場合、

「大本扱い」と入れていただければ、

前売り価格で、受付でお取り置き&当日精算できます☆

こういった内容の朗読会なので、 お稽古から本番までの間、

私は茶風林さんから…

霊障・怪異【防衛大臣】に任命されました(笑)

歩くサイキックプロテクション☆

だから絶対大丈夫。

私を守る存在たちが、
このイベントも守ります(^▽^)o♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

朗読2連発☆のお知らせ。。。

8月、9月と、朗読をすることになりました。

まずは、日も迫ってきた、8月15日。

終戦記念日ですね。

『コズミック・ダイアリー・フェスティバル』
   ~2012年への進化に向けて Time is Art~

http://timeisart.blendmix.jp/

日程: 2009年8月15日土曜日

時間: 開場14時30分 開演15時~19時

参加費:¥4,000

場所:めぐろパーシモンホール 小ホール

東急東横線【都立大学駅】より徒歩7分
渋谷方面より【所要時間:約10分】
東急東横線:渋谷駅(各停)→都立大学駅
〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-1  TEL:03-5701-2924

私は午後の部・・・

場14時30分 開演15時~19時のオープニングで

「星の王子さま」を朗読します。

星の王子さまは本当に大好きなお話で、

翻訳の倉橋由美子さんの言葉のチョイスも好きです。

「目ではなんにも見えないよ。心で見ないとね」

私の感じている王子さま・・・

皆さんには、どんな風に届くのかな?

このイベントはマヤ暦で作られた

「コズミックダイアリー」のイベントです。

"Time is Money"から、"Time is Art"へ。

「時間」の意味について、謎に包まれた古代マヤの叡智について

興味のある方はどうぞ。まだチケットあります☆

お申し込み:http://my.formman.com/form/pc/zhZsieGDsRHXV61G/

※絵本「ぼくの旅」も物販で出させていただく予定です。

(割引価格です♪)

もう一つは、9月。そろそろ涼しくなってきた頃、

怪異蒐集家の木原浩勝さんの膨大な怪異実話「新耳袋」の中から

選りすぐりのお話&新作を朗読形式でお届けします。

Photo_4

【怪し会】 ~あやかしかい~

日程・時間: 2009年9月10日(木)19:00~

11日(金)19:00~

12日(土)13:00~/19:00~

料金: 前売り 4,500円 / 当日 5,000円 (酒肴代・税込み)

会場: 浄土宗 得生院  東京都練馬区練馬4丁目25-3

西武池袋線・豊島園駅徒歩3分

都営大江戸線・豊島園駅徒歩2分(A1出口)

わたしも昔、妖怪を見たことあります。

土ころびが結ぶ縁…(笑)

見えない世界は、時に大切な感覚を思い出させてくれます。

ここに生きてること自体、なんて不思議なんでしょう。

この世とあの世、現実と非現実はいつも隣り合わせ。

厳かなお寺の本堂で、美味しいお酒と肴を頂きながら

不思議な世界を体感してもらう、

少し大人向けのイベントです。

会場でお会いできると嬉しいです(^^)♪

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »