« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月23日 (金)

郵便物宛先決定☆新アドレスのお知らせ☆

お手紙、郵便物のアドレスが決まりました。しばらくは下記の住所でお世話になります。

〒150‐0036
東京都渋谷区南平台7‐13

T2メディアパル

大本眞基子 宛て。

郵便物その他はこちらまで、宜しくお願い致します。

あ、そうそう。もう一つ、ツイッター始めました。

御興味あれば探してみてね。

皆さまいつもコメント&お手紙をありがとうございます。

どうしてもすべてにお答えすることはできませんが、共通の答えなんじゃないかな?と思う「真実の表現」を届けられたらいいな…といつも思ってます。

前回のコメントに思ったこと。

>私も仲間がほしい…
>私は、人や世界が変わっていくのが嫌いです
自分1人置いていかれるようであせりますよね 寂しいし

その時、同じ時間を共有した人はみんな「仲間」だよ。

後はそれぞれの変化(進化)の道をそれぞれが歩んでいく。

「変化」は淋しいことではなく、新しいものを積み上げて拡がって進んでいくそれぞれの「進化」。

進んだ先にまた新しい仲間が現れる。

いつも一緒にいるわけじゃないし、「経験」は変わっていくけど、

その時々の空間に刻まれた「真実」は永遠に変わらないと思います。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

青二塾同期同窓会☆

青二塾同期同窓会☆


先日、青二塾時代の同期会があった。集まったのは当時のAクラスメンバー。

麻里子や神谷のいるBクラスは優等生、Aクラスは破天荒、なんて当時は言われてた。


会った瞬間、一瞬にして当時の空気に戻る…。

何年も全くコンタクトをとってなかったのに、まるで昨日まで一緒にいたみたいにスッと気持ちを思い出す。

やっぱり同じ目的をもって必死で頑張った仲間たちだから、

あの一年で、みんな裏表なんか全部剥がれ落ちたから、

いまさら仮面をつける必要もないんだね。

でもあまりにも、タイムマシンでワープしたみたいにみんなといる空気が自然すぎて、びっくりした。

なんだか学校の同窓会とも違う、
親戚とも違う、不思議な濃い仲間関係だ。


中には大道芸人になって活躍している人もいるし、化粧品の会社につとめてる人もいるし、

みんなそれぞれの道を歩いている。

でも、中身は当時のみんなのまま、今、それぞれに楽しいことをみつけて、それぞれの人生を歩んでいる。

そう、

その時々の進路や明暗なんて、ただの「状況の変化」であり、「選択」なのだ。

それぞれが新しいステージに移り

自分に必要な経験をし、

まだ会わない何かに必要とされるための、

区切りと巣立ち…。


学校の卒業式だけじゃなく、人生には色んな変化の時がある。

幸せ一杯の時もあれば、

ひどい気持ちのスタートもある。


「その時」は分からないことが多い。

でも、振り返ると自分だけの意味ある道が続いている。


その時、その場所で、
導かれたように同じ時を過ごすことのできる仲間との出会いは「奇跡」だ。


変わらない日常を生きているようで、すべては刻一刻と変化している。


でもたまにこうやって、ある特定の時間に戻ってみるのも、いいリセットになる。


「過去」は「現在」と、「未来」とも繋がっている。
それを時々、俯瞰で眺めてみる。


その時、それしか見えてなかったからこそ、

全力を出し切り、思い切り笑ったり無気力になったり、傷ついたりできる。

そして「そのステージ」で気付く何かがある。

今の自分がどこにいるか見つけることができたら、また「新しい実験」を考えてみよう。

「道」は自分の「選択」で続いていく。

あせらずに、宝物を発見しながら、行こう。


人生、「楽しんだもん」勝ちなのだ(笑)


| | コメント (19) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »