« 青少年アニメ・アフレコ体験講座 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2012年1月 7日 (土)

時代のシフトと最後のエゴ。

早くも年末が迫ってきてますね。

今年は本当に色んな事がありました。

大きな自然災害、社会的な変化、
価値観の移行、個人的な変革、

大きなものから小さなものまで、

地球規模で、すべてのものが
変容を体験しているような気がします。

よく言われる「2012年」ですが、

正しい計算法式では
本当のシフトは今年の3月9日~10月28日という説もあります。

実際、3月9日前後から太陽に黒点が増加し、
Xクラスの最大規模のフレアが震災前に起こっている。

太陽と地球は一心同体です。
私たちと地球も同じ。

予言がどうの、といった曖昧なことではなく、

自然に、今とは違う「形」になるために、
すべてのものが一つ残らず、一人残らず、
新しい意識に移行するために、

確実に想定されていた変化という感じがします。

何かのやり方を変えなければならない時。

世界的なレベルから個人的なレベルまで・・・
それは、それぞれにとって、

一番強く響く形で、
一番強烈に届く形で、

起こっていると思います。

もし、自分の中に少しでも不調和な部分や嘘があるなら
それと向き合わなくてはいけない時が来る。

これからはもっと
裏表は意味をなさなくなり
自然でないものは暴かれ、崩壊していくような気がする。

嘘は消えてゆき、真実だけが残る。

逆に言うと、

シンプルになり
ありのままを受け入れればいいという事。

高い所を知るために
驚くほど低い所へ落とされることだってある。

新しく変化するために、
最後の障害になっている、
自分でも気付いていないかもしれない、

執着、思いこみ、恐怖。

それを超えるチャンスは、その人に一番分かりやすい形でやってくる。

私にとってそれは一時「声が出なくなる」という形でやってきました。

その時やらせていただいた作品は、私に、とても色んな事を

教えてくれました。

個人的な感情や思いを 超えること。

自然の流れに乗ること。

大きな意志に気付くこと。

ただ、

巡り、回って来たものを、
その時の役目として、自然に受け止め、最善を尽くす。

有難くその「ご縁」を受け入れる。

まるで、身体の中のそれぞれの細胞が
毎日、自分の与えられたセクションで
自然に、淡々と働いているように。。。

今の回復した声で演じられていれば・・・
という気持ちはあるけれど。

その作品においては
声の状態を超えて、魂が伝わっていますように、と祈るだけです。

作品のご祈祷もして頂き、
奉納もさせていただきました。

神さまの前で演じたのは初めて。

そこを去る時、宮司さまから


「あなたは清らかな方やなぁ。ほんまに清らかやわ。
だから良い声も出るんでしょうなあ」

と言われました。

それが、とても心に染みて、
これからも演じる事へのお許しを頂いたような気がしました。

すべては天の配剤によって
必要なときに、必要なものが巡ってくる。

「気付き」は自然に
それぞれにとって一番良いタイミングで起こる。

苦しみの中でどうしようもなくなって
はじめて自分の考えの「癖」に気付くこともある。

そして個人的なものを超え、全体の流れに入る。

人間側の視点では、すぐには理解出来ないけれど。

でも、自分がどんな方向に進みたいのか?
何を成したいのか?

常に確かめる事は、とても大事だと思う。

本当に望んでいる事の通りに、現実は創られるのだから。

これからも自分の奥の、深い喜びに従って
探し続けていきたい。

そうやってこの世界に、
自分の意思で創造し、
実験し、発見して学び、

理解して、悟り、
進化し続けていくのだろう。

探究しながら、拡がってゆき、ひとつに還る。

それが、人間のもっている

神さまと同じ資質なのだと思います。

|

« 青少年アニメ・アフレコ体験講座 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。タイラントです。

そんな大事があったんですね…。
その当時の事は私自身、
眞基子さんにどういう言葉をかけて良いのか、
正直、分からなくなっている状態です。

ただ、今年に生死の境をさまよった
私が言えるのは…
今は無事で何よりという事です。

投稿: タイラント | 2011年12月26日 (月) 09時15分

こんにちわ。はるっちです。

とても共鳴するところがあったので、すっと入ってきました。
というのも、12月4日にスランプのような調子が悪いときは、
まずどうすればいいんだろう?ということについて自分なりに
考えたことがあったんです。

そのときの答えは次のようなものでした。

調子の悪い自分から逃げるのは自分ではなくなってしまうから、
そんなことはもうやめて素直に認めてしまおう。

「ごめんなさい、いまは調子が悪いんだ。
だから本来の力はでないんだけれど、
これは決して手を抜いているわけじゃなくて、
これがいまの自分に出せる100%の力なんだよ。」

こんな風に自分自身を優しく受け入れて、許してあげる。
そうすることで、八方ふさがりになってしまった心を楽にしてあげる。
そのような答えと言いますか・・・気づきに近いものでした。

これが元々自分の中にあったので、「この考えと似てるかも?」
と思いました。もしかしたら全然考えが違うかもしれませんが、
そうであればお許しください。

このごろは特に冷え込みが厳しいので、
くれぐれも御自愛くださいませ。

長文、失礼致しました。
それではまた★

投稿: はるっち | 2011年12月26日 (月) 16時32分

とても大変な思いをされたようですけど、
それによって得られたモノもとても大きかったようですね。
自分に今求められているものは
自分が今出来得る精一杯である、って考えられれば
とてもスムーズに流れるんじゃないかなって思います。

投稿: なお | 2011年12月27日 (火) 02時04分

わかりにくかも?と思って少し加筆修正しました。
長い文章にお付き合いくださってありがとうございます。

投稿: Makiko Ohmoto | 2011年12月27日 (火) 07時20分

こんにちは。ふみたです。

大本さんが今年、そこまで苦しい思いをされていたとはわかりませんでした。

私は今年に、大本さんと初めてお話をさせていただくことができましたが、その際に「最近ブログの更新が少ないですが、何らかの事情があるのですか?」という質問を行いました。

私は大本さんに失礼なことを言ってしまいました。しかもそのことに今まで気づきませんでした。

大本さん、ごめんなさい。

投稿: ふみた | 2011年12月28日 (水) 13時33分

大本さん頑張って下さい、応援してます、健康が一番ですよ

投稿: 昆虫探偵 | 2011年12月28日 (水) 13時50分

おつかれさまです。エフです。長文いきます。読む人によっちゃ気分が悪くなるおそれがあります。ご注意を。


本当に今年は色々ありましたね。 色々あったし、色々考えさせられた年だったと思います。

特に個人的に死生観についてもの凄く考える事が多かったです。「死」ぬ人が大勢いる中で、「生」きた人間が何が出来るか何が出来ないか。 あるいは、人は必ず「死」ぬけどそれまでどの様に「生」きるか。


大本さんもおっしゃる通り、ましてや俺なんかが言葉にすると陳腐になっちゃうんですけどね笑

投稿: エフ | 2011年12月29日 (木) 00時30分

はじめまして、鈴音といいます。


大きな山を乗り越えたからこそ手に入れることのできるモノはありますよね。

それだけ思われている役が、生きていないわけがないって感じました。

これからも困難があるかもしれませんが、応援しています。

投稿: 鈴音 白夜(すずね はく) | 2011年12月30日 (金) 00時27分

お久し振りです。眞基子さん
今年に入ってからこの事をブログで知ったので大変驚きました。
今はお体の方は大丈夫ですか?
とても心配です。

お体には気をつけてこれからもプロの声優として無茶をせず眞基子さんのペースで頑張って下さい。

応援しています。 レーシングライダーより

投稿: レーシングライダー | 2012年1月 7日 (土) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101436/43465597

この記事へのトラックバック一覧です: 時代のシフトと最後のエゴ。:

« 青少年アニメ・アフレコ体験講座 | トップページ | 明けましておめでとうございます »