« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月25日 (金)

みなさんとっくに知ってるかもですが・・・

今日、ニコニコ生放送で夜21:00から『ゾイド -ZOIDS-』
http://live.nicovideo.jp/watch/lv120336188
を放送するとの情報を頂きました。
というかすでにもう3回目なんですね★
どうやって見るんだろう・・・???
『ゾイド』では、フィーネという
古代ゾイド人の不思議な女の子を演らせて頂きました。
懐かしい。。。

フィーネは他の役と違って、人と会話する時
なるべく相手と掛け合わないように
独り言になるよう意識して演じてました。
テレパシー的なコミュニケーションのほうが得意そうな子です。

よろしければ♪
youtubeでも見られるらしい(^^;



▼番組紹介文 (番組ID:lv120336188)
第7話~第9話 GREEにて、ソーシャルゲーム『ZOIDS-鋼の絆-』大好評配信中!
それを記念してニコニコ生放送では、TVアニメ『ゾイド-ZOIDS-』1話~12話を4週に渡って放送します!

【第一回】2013/01/11(金) 開場:20:45 開演:21:00~ 1話~3話
http://live.nicovideo.jp/watch/lv120335723

【第二回】2013/01/18(金) 開場:20:45 開演:21:00~ 4話~6話
http://live.nicovideo.jp/watch/lv120335919

【第三回】2013/01/25(金) 開場:20:45 開演:21:00~ 7話~9話
http://live.nicovideo.jp/watch/lv120336188

【第四回】2013/02/01(金) 開場:20:45 開演:21:00~ 10話~12話
http://live.nicovideo.jp/watch/lv120336430



地球の遥か彼方、6万光年先の惑星Zi。
この物語は、主人公バンが、偶然遺跡で発見したZOIDSエッグの起動スイッチを押してしまうことから始まる。
ZOIDSエッグから生まれたのはT-Rex型ZOIDS(ジーク)と謎の美少女フィーネ。

バンは、フィーネから聞かされた全てのZOIDSの母であり、
  究極の望みを叶える「ZOIDSイブ」を求め、フィーネ・ジークと共に旅に出る。
しかし、その先に待ちかまえていたのはジークの特殊能力を狙う帝国軍と共和国軍。
ZOIDSを単なる兵器として扱う大人達に対し、
  生き物として金属生命体ゾイドに愛情を注ぐバン達の姿を描く、
アドベンチャーストーリー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

大江戸・聖地巡り☆

去年から時々、
羽黒山伏の大先達・星野さんが東京に来たとき、
近辺の聖地巡りをしている。

今まで神社は好きだったけど、
「パワースポット」と銘打たれた場所に
自分から調べて出掛けたことは、ほぼなかった。
ほとんどがたまたま行った旅先にあったり、
誘われた流れだったり。

ピンと来たり、縁がある場所が
自分にとっての「パワースポット」。


今回は最初に、「山王さま」・日枝神社に行った。

13588459688291.jpg 13588460303252.jpg

山王の「山」は山伏の山・・・
修験道のことらしい。

鳥居の形も、古くからの「神仏習合」
を表しているとのこと。

神道も修験道も仏教も、同居している。
古くからの日本はおおらかだ。

凄く気持ちの良い、都会の中のオアシスだった。
ちゃんとこの空間が守られているのがすごい。

次に行ったのが赤坂の豊川稲荷。
何故かここでの写真を撮っていなかった。

色んなお稲荷さんや神様、七福神がいて、
ここに行くだけで全て回れる感じ。
奥の方に縁切り神社もあった。

結構強い。

弁財天は、この辺の業界関係者に人気なのか、
沢山のプロダクションの名前があった。

13588481134225.jpg 13588481462506.jpg 13588481882927.jpg

そして、東京のお伊勢さま・東京大神宮。
伊勢両宮(内宮・外宮)のご祭神を御祭りしているのは
ここだけとか。

初めてお参りしたけれど
若い娘さんたちの行列にビックリ。
お目当ては縁結びのお守りのご様子。

13588486619388.jpg 13588486893489.jpg 13588487366400.jpg

根津神社。

ここも初めてお参りした。
名前は知っていたけど行ったのは初めて。

この神社も気持ちよくて、大好きになった。

13588492449062.jpg 13588493441155.jpg 13588493190694.jpg

そして、根津神社のまわりの通路側にあるのが
沢山のお稲荷さまと、

「胎衣塚」(えなづか)。

この胎衣塚はすごかった。
勤行中、般若心経のあたりで
こみあげて喉がつまった。

胎衣というのは、生まれた時に纏っている、
膜のような胎盤の一部。

昔はこの 胎衣を土に埋め、
上から沢山の人に踏んでもらって
その子の命が地に根ざすよう、祈りを込めたもの。

だからなのか、とても暖かくて
生命力に満ちている気がする。
経堂の胎衣塚に行った時も、お腹がすごく暖かくなった。

何故かここの写真を撮る時、
全部に変なラインが入るようになって、
最後まで直らなかった。

13588501298156.jpg 13588501587097.jpg

最後にお参りしたのが、神田明神。

聞いた事あってもまだまだお参りしていない所が多い。


こうして一日回ってみると
本当にそれぞれの地域ごとに神社がり、
コミュニティごとに氏神様が守るように祭られているのがわかる。


コンビニより多いといわれる日本の神社やお寺。

祭の時期は神輿を担ぎ
新年には初詣。

宗教、というより、
習慣のようになっている。

あたりまえになりすぎて
本来の意味を忘れている事も多いかもしれない。



昔からの日本人の
「見えないものへの感謝の想い」が形になったのが「神社」。
そう思うと、外からの教えも受け入れるおおらかさにも納得できる。

どんなに都会がコンクリートに覆われても、
神社の敷地内に残っている木や土が
正気に戻してほっとさせてくれる。


エジプトに何度も行っている知人が、
ガイドの現地人に聞いたお話を思い出した。

「エジプトでは壁画などに描かれる神様は
みんな、緑色をしている。
緑は水の有るところにしか生えない。
水は命の源であり、神と同じ。

だから、日本に初めて来たとき、驚いた。
飛行機の窓から見える緑に覆われた景色を見て、
神の国だと思った。」

お願い事だけしにいくのではなく
普段、忘れがちな、自然からの恩恵を思い起こすために

神社にお参りしても良いのではないかと思う。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

時間と意識

ふと、思ったこと。

時間の概念って何だろう?

マヤの考え方では自然時間。
地球が一年掛けて太陽の回りを旅すること。

それはその通りだと思う。

そっちではなく、
現在、過去、未来で考えたとき、
人は過ぎていく時間軸を「直線」で見ている。

後ろには過去。
歩いている今。
前に続く未来。

未来が分からないから、運勢や時期や方角を占ったりする人もいる。

でも、東の方角にまっすぐまっすぐ行って地球を一周したら

その人は西から帰ってくる。

右回りがエネルギーを込める回転だと言っても、

人差し指で下から右回りをグルグル続けて

顔を過ぎて頭まで持っていくと
下から見れば、それは左回りになっている。

結局、どこに「視点」を置くか
というだけのように思われる。

どの位置から自分が見るのか。
どこから見たいのか。

最終的には、その「意識」。


地球も太陽系も銀河系も
スッポリ入るような広大な宇宙空間で
「過去」「現在」「未来」を上から
俯瞰で見下ろした時、

それは全部同時に、同じところにある。

それら全てを内包して知覚できるのは
「意識」だけ。

だから、過去も今も未来もなく
全部が同時進行で
「意識」の中に、あるのだと思う。

だから、いつでも人は変われるし 
過去も変えられる。

全部がいま、ここに、
「意識」の中にあるから。

占いの吉凶じゃなく
運命の神様じゃなく
前世の因縁がどうのでもなく

いま、ここに生きているからには
いつでも意識しだいで
この瞬間、変えられる

そんな、とてもシンプルなことなのではないかと思うのでした。








| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

新しい現実。

今年はお正月から色々ありました。
まず、年明け20年ぶりくらいに最高40℃の高熱(^-^)v
13583978839840.jpg
でも、「あれ?40度ってこんなに体が楽だったかしら?」という感じ。ご飯も3食モリモリ頂きました☆

普段だいたい1日、朝食はバナナ一本、夕方一食、計2食なので、いつもより沢山食べたかも。。。

13583979548301.jpg13583981810525.jpg 13583983043618.jpg13583983188879.jpg
そして、初詣は毎年恒例家族全員での産土さん参りの後、妹と二見興玉神社~伊勢神宮にお参りしてきました。
二見浦で御祓をして、お伊勢詣りというのが昔からの詣りかたなんですね。

去年はとにかく、秋の峰入り修行からペルー14日間アンデス~マルカワシの旅、そしてまだアップしておりませんが大先達との聖地巡りと、後半はずっと巡礼していたような気がします。

そのせいか分からないけれど、
今回の伊勢神宮・・・
何故か今までより一番親密、というか「身近」に感じました。

何の違和感もなく、す~っと馴染む。
そのもの、というか本来の自分に還るような、すごく伸び伸びして嬉しくなるような、

「自分の元気がやって来る源」に近い感覚。

今までで一番、伊勢を近くに感じました。本当にスッキリ。
もっと伊勢神宮が大好きになりました。


年末から今年に掛けて、自分も確実に変わりました。

信じていたひとつの世界が壊れると、
混乱するし、
絶望もするし、
その時は何が真実か分からなくなるけど、

あきらめて全部を受け入れると、

透明なエレベーターに乗って景色が高い位置に自然に移り変わるように
「ただの視点の違い」なんだな、ということがわかります。

なにも失っていない。
むしろ新しく現実が拡がる。
元々あった本来の世界を正しく知覚する感じ。



気付かずに忍び込んで定着している、自分には無いと思っている「思い込み」は、
実は誰にでもある。

世の中に「強さ」の定義は色々あるけど、

本当の強さって、
どんなときもニュートラルに
どんな人も
どんな物事も
最終的に認めて、受け入れられることではないかなと思います。

その課程の切磋琢磨が成長期間。



今年は色んな素敵な出会いや、表現が拡がっていく予感。

今の自分を創ってくれた世の中に
どんどん還元して、一緒に楽しんで行く年にしたいなと思います。


改めて、本年も宜しくお願いします♪



気付かずに忍び込んで定着している、



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »