« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

夏の妖精

13719112955997.jpg

先日、お友達と
某所にホタルを見に行ってきました。

まだ薄明るい時間に着いたのですが、
だんだん暗くなってくると
河面の端の草のあたりにチカ~☆っと
光りはじめました。

一匹が光りはじめるとやがて
どこに隠れていたのか、

周囲でもチカ~☆チカ~☆と始まりました。

この地域一帯はホタルを保護するために
村ぐるみで協力していて
川岸の草も、蛍の繁殖時期がすぎたら
全て刈り取るそうです。

13719112530325.jpg13719112004553.jpg13719112794566.jpg

蛍の幼虫はカワニナという貝を食べて
大きくなるそうですが、
そのカワニナが、草が生い茂りすぎて
河が暗いと、育ちにくいとか。

そんなお話をして下さったのは、
ホタル保存会名誉会長の○○さん。

たまたま、川岸を散歩していたら
素敵な朱塗りの橋が掛かっていて
神社かなにかしら?と覗いていたら
なんと会長の自宅前でした。

中に招いていただき、
素敵なお庭の中で、お茶まで
頂いてしまいました(笑)

13720390628660.jpg13719111790352.jpg

ホタルのお話や
雑談で楽しく過ごしているうち、
すっかり日も沈み、
本格的なホタル鑑賞へ。

河の中や、田んぼの中、
橋の欄干など、

いろんな所に蛍が舞いはじめました。

源氏蛍は、思った以上に光が強く、
碧がかったLEDライトが点滅しているよう。

もの凄く近くまできて、
周りを舞い飛んでくれました。

生きてるんだよね・・・この光・・・

そう思うと、あまりにも綺麗で

綺麗すぎて、

泣けてきました。

本当に美しいものを見ると
人間って、なんで涙が出るんだろう。

蛍は1~2週間しか生きる事ができません。

幼虫のときに、ひたすらカワニナを食べて、羽化して成虫になったら、
水しか飲まない。

後は恋い焦がれて飛んでいるだけ。

雄は自分の光を発しながら
雌に信号を送って求愛する。

雌はその信号のフィーリングがあえば
受け入れる。

よく見ていると、たしかに
光る間隔や強さが違います。

雌は雄より光がちいさく、微かに光り
飛ばずに草に止まっている。

そんなに小さな光なのに、
雄はちゃんと見つけて、
光の信号を送ります。

だいたい、光ながら点滅して
サインをおくり、
雌も自分の間隔の光を送り返していました。

面白いのは、
複数の雄がいても、
その中にフィーリングが合った「雄」が居たとき、

雄と雌の「光の波長」が同じになる。

見ていて、シンパシーを感じた瞬間の
二匹の感覚がわかりました。

ものすごい、自然の神秘。

言葉もない虫たちは、
こんな「感覚」の世界で生きているのだ。

ほんの1~2週間の命の交流。

あの蛍はもういない。

精一杯恋をして
精一杯表現して
精一杯生きる。

だからあんなにも感動的で
美しい。

生命の美しさ、本能の舞に
胸が震えた時間でした。

人類誕生だって
地球創始からみれば、
ほんの一瞬の命だもんね。

ちなみに蛍は
大きな声を出したり
光を当てたりすると静かになってしまいます。

車のライトを上げたり
きゃあ!綺麗!!と騒ぎすぎると
安心して飛んでくれません。

人間たちは
彼らの世界を覗かせてもらう部外者なので

そっと静かに
彼らの本番の命の舞を邪魔しないように
気をつけたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

スイートコーン

13712005856762.jpg

毎年、ファンの方から頂く、福岡のスイートコーン。

プチプチに実が詰まっていて、茹でると、凄く甘いのです♪

青二に台本取りに行ったついでにデスクさんにお裾分けしたけど、まだまだ残ってる。

生きてる自然の恵みだから
早く頂かないと。

食べきれないと可哀想だから
ここ2~3日で会う、ご縁のある人に
もらわれてゆく事になりそうです(^-^)



| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »