« 久々のお泊まり | トップページ | 制限のない自由 »

2013年8月 2日 (金)

無意識の中の意識

ここの所ずっと親族が、祖母のいる病院に集結。

医者に何度も「会わせたいひとがいたら・・・」と診断されつつも何度も危機を乗り越えてきた祖母。

大人も子供も同じ部屋で
血圧、脈、酸素の数値を見守っていました。

入れ替わり立ち替わり親族がやってきてお祖母ちゃんの顔を見て、
私は出来る限りのヒーリングをしているうち、

なんと今回も奇跡的に復活!

どんどん数値があがり、
機器の警告音が消えました。


皆が心配する気持ち
頑張って欲しいという想い
「大好きだよ」っていう視線

そんな見えないものすべてが、
意識のない状態でも伝わるんだろうと思います。

あとは「生きたい」という本人の思い。
お祖母ちゃんの「生」への意欲はものすごい。体に触れ、目をのぞきこんでいると伝わってくる。

人の生き死にはどうにも出来ないことだけど

こんな非日常空間だからこそ
普段みんな目を背けている世界にも思いを馳せる。


生まれてくることも
去っていくことも同じこと。


意識の下ではみんな繋がってる。


どんな思いを抱いて生きているか
何を人生に望んで
何を幸せに思うのか

自分は何のために生まれて
何故ここを選んだのか

無意識化では現実の目隠しがとれて、すべてわかるだろう。


笠岡の三大女傑と言われているお祖母ちゃん。

今も色んな事を教えてくれます。



|

« 久々のお泊まり | トップページ | 制限のない自由 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

人の持つ想いの力が起こした奇跡ですね。

「笠岡の三大女傑」とはものすごい通り名を
お持ちになられている方なんですね!
そんな豪気な方の力を大本様は受け継いでいるのかも!?

投稿: なお | 2013年8月 2日 (金) 23時39分

私の祖父は、今病院に入院しています。
一時危険な状態でしたが、今は少し回復して、安定しています。
しかし、一緒に暮らしていた祖母や、叔父、叔母の顔は覚えているけれど、離れて暮らしていた私の父親の顔は、誰だか分からなくなってしまったみたいです。
・・・と、いうことは恐らく、孫の私の顔だって覚えていないのだと思います。ショックですが、父のショックに比べれば、まだまだ軽いものだと思います。
兄、叔父の顔は覚えているのに、弟である父は忘れられてしまった。私にも兄がいるので、もし、父に私だけ忘れられたら、それは凄く辛いと思うのです。父は、全く辛そうな顔をしませんが・・・。

しかし、意識の下ではみんな繋がっている、ですか・・・。そうだといいなぁと思います。もしそうなら、父も救われると思います。
そして、非日常空間だからこそ、目を背けている世界に思いを馳せる、ですか。普段考えていなかった父親の心の事を、今私が考えている。それってつまり、こういうことなんでしょうか?

・・・なんていうか、私の事ばかり語ってしまって申し訳ありませんでした。長いし・・・

投稿: ちっつぁん | 2013年8月 3日 (土) 12時25分

おはようございます、お祖母さんが、復活してよかったですね!「生きたい」と強い想いがあるから生きられるんですね…!私も、目の病気にはなってないのですけど、それを疑われてるので眼医者さんで定期検診を受けています。それにまだ目は見えてますし、病気の予防の食べ物もネットで探しましたので希望の光が見えてきました(^^)

投稿: 麻美 | 2013年8月11日 (日) 06時57分

無意識の中の意識…なるほど!

生命の誕生と衰退はいずれも神秘的で表現が難しいものですが、生命と向き合う姿勢はいつまでも持ち続けたいものです。
お盆ならではのお話、ありがとうございました!

投稿: 亮太 | 2013年8月14日 (水) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101436/52707402

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の中の意識:

« 久々のお泊まり | トップページ | 制限のない自由 »