« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月16日 (水)

眉毛のひみつ

落ち込んでいた人と話していて、
落ち込まない良い方法を発見。

気持ちが落ちかけたら、
眉毛をグイッと上に上げる。

大抵、悩み事を話している時や不安な時、
嫌な事を考えたりイライラしている時、
人は眉に皺が寄って不景気な顔になる。
いつも眉を意識して、憂鬱になりかけたらぐいっと上げる。

体と心は連動してる。 不思議なことに、眉毛を上げたままネガティブな話って出来ない。

鏡を持ち歩いて、嫌な気持ちになった時、顔を見ても良い。
眉毛をバロメーターにすれば分かりやすい。
眉を上げるだけなら物理的な筋肉運動だから誰にでも出来る。

眉毛を上げて眼はパッチリ。
口角も上げれば、体から気持ちをコントロールできる。

心は見えなくても眉毛は見える。
眉毛を上げると気持ちも上がる。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

宇宙の地平線の外は・・・


5月号のニュートンが面白い。

13963636480901.jpg

宇宙の膨張速度を逆算すると、今の宇宙が誕生したのは138億年前。その間に地球に届く光の範囲を、観測可能な「宇宙の地平線」と呼ぶ。

その、宇宙の地平線より外の世界はまったく影響しあった事のない、別の宇宙ということになる。


13963636263830.jpg

その中に存在する可能性のある平行世界・パラレル宇宙の科学的な説明もあって、確率式で語られるといよいよリアルでわくわくする。
科学的な確率式だと
ドラえもんの「もしもBOX」の世界は普通にアリ。

藤子不二雄作品やSF漫画・映画では当たり前のパラレルワールドだけど、科学的な理論や証明が追い付くには時間がかかる。

私たちは一足先にアニメやSF映画から
感覚で体験して準備をするけど
実際に「現実」に落とし込むのが科学のお仕事。

でも、いくら宇宙の原理や法則を発見しても「なぜそうなっているのか?」は説明できない。

結局、
超ミクロの世界も超マクロの世界も
未知のままなわけで。。。


量子のレベルになると、もう意識の世界だものね。観測者の存在が最小単位の物質に影響を与えてしまう。


次はもうそろそろ「知識」じゃなく、
「意識」の使い方を学ぶ段階に来ているような気がします。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »