« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

ルーミー朗読「ただひとつの息吹」視聴ページ

facebookでUPしてブログUPしてなかったようなのでこちらにも(笑)

今後、キクボンhttp://kikubon.jp/ さんのほうでも取り扱って頂くことになりましたので、追ってお知らせいたしますね♪
ルーミー朗読CD「ただひとつの息吹」より【沈黙の満月】視聴
以下、youtube視聴ページ本文です。

★朗読CD【ただひとつの息吹】より「沈黙の満月」
「ルーミー」はエハン・デラヴィさんの映画【アースピルグリム】の中に
詩が引用されていた事がきっかけでした。
この詩をもっと気持ちを込めやすい言葉で朗読したいと思い
朗読CD【ただひとつの息吹】が生まれました。
私なりの意訳なので原文と相違があるかもしれませんが、
耳で聞いて一番受け取りやすい言葉にしています。

例えば原文【Your old life was a frantic running from silence.】の

「Your old life」の部分。
「年を取ってからのあなたはなにかと静けさを避けていました」
のように
「年を取ってからのあなた」
と訳す考え方もありますが、気持ちの流れで朗読したとき

「あなたは古い生き方のなかで沈黙することを必死にさけてきましたね」

という風に
「古い生き方の中で」
としたほうがしっくりきたのでこの形にさせていただきました。




※聴き始めて10分程でミッドθ(シータ)波の状態になることが脳波測定で確認されています。車を運転中の視聴はお控えください。
だんだん深くなる誘導瞑想のように、詩を構成しています。






Amazon 【ただひとつの息吹 -Only Breath-】
何世紀にも渡って愛され、数多くの著名人も朗読する
世界で最も有名な詩人「ルーミー」日本でついに音声化!
ルーミーは13世紀のスーフィーの偉大な神秘主義詩人。
朗読は1/fのゆらぎの声のナレーター大本眞基子。
脳波測定では、被験者の脳波に深い瞑想状態で現れる
「ミッドθ波(覚醒シータ波)」を計測。
BGMは、ヒーリングミュージックの創始者宮下富実夫。
声、音楽、言葉。全てを厳選した、
聞くだけで意識の上がる「ルーミーの世界」をご体験ください。


1. Introduction
2. 悲しまないで
3. 二種類の知性
4. あるがまま
5. 大切なもの
6. 思いこみという幻
7. 命の源へ急ぎなさい
8. 求められ続けた歌
9. ひとつのうた
10. 誰でもおいで
11. いちばんの願い
12. 沈黙の満月
13. あなたの源のさらに根源へ
14. 目覚めのとき
15. ただひとつの息吹
16. 魂の響き合うところ
17. 歩きつづけること
18. ゲストハウス

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

朗読イベント【茶話会】

読み聞かせ&お楽しみイベント
『茶話会 子供スペシャル』

日時:2015年5月3日(日・祝)
◆幼児向け作品:10時~12時頃
◆児童向け作品:14時~17時頃
会場:元結不動 密蔵院
お申込み・お問合せはメッセージフォームまで。 http://www.mitsuzoin.com/

私は午前の部【モチモチの木】午後の部【葉っぱのフレディ】朗読予定です♪

名作【モチモチの木】は今までの中ではチャレンジな作風☆せっちん・・・いまの子は意味わかるかな?
【フレディ】は何回朗読しても毎回新しい発見と感動がある深い命の物語です。

参加費無料なのでお子さまと楽しみたい方も、童心に還りたい方も、是非、遊びに来て下さいね☆( ^▽^)ノ。.:*:・°☆

密蔵院 真言宗豊山派 江戸川区鹿骨 もっとい不動
mitsuzoin.com



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

地震予言

ここ2、3日で大地震説が拡がってるけれど何となく今回は無いんじゃないかな?と思う。

昨日のイルカの打ち上げも話題になってるけど年間100件以上もそういうことは起こってるとか。

とはいえ、地球も生きてるから身じろぎもする。かつてない変化が地球に起こってるのは間違いない。地球と、人々の意識の変化は連動しているように思う。

刺激によって磁場や内部のエネルギーも変わり、負荷がかかればバランスを取らなければならない。

だから、いずれ地震が起きるのはより安定した世界を作るために自然なことだけど、
なるべく被害の少ない身じろぎをしてくれるように、毎日の瞑想の中で祈ってる。




一応、防災グッズは買ってます。
修験道の持ち物とかなり被る。

暗闇は動物の本能・・・というか、直感力をみがいてくれる。
たまにはアウトドアなどで
電気のない生活を思い出してみるのもいいかもしれません。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »