« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

冬コミ・ダンガンロンパCD【舞園さやかお渡し会】

14514533484520_3.jpg

冬コミに参加された皆様、3日間お疲れ様でした。また、昨日、今日、とウォーターオリオン企業ブースに足を運んでいたいた皆様、本当にありがとうございました♪

お手伝い一日目は甘ロリ系ブランド【アンジェリックプリティ】さんのお洋服。
幕張メッセの【ダンガンロンパファンミーティング】のライブで着用した衣装でした☆
14514727400740_3.jpg14514661528641_3.jpg


お手伝い二日目、今日の衣装は舞浜アンフィシアターでのライブ【ダンガンロンパ春のファン祭り】で着用した、ベイビースターシャインズブライトさんの白ドレス。

14515529238510_3.jpg14515532880822_3.jpg

舞園さやかがお渡し、というコンセプトだったので

「この後は紅白なので見てくださいね♪」

というと

「紅白って準備とか大変ですよね。
NHKホールはリはーサルいつなんですか?」

とメチャクチャリアルな質問をサイン中にされて、宛名を間違えそうになりました(笑)。

今回、直接お話したりお手紙や贈り物を頂いて、
皆様のダンガンロンパや舞園ちゃんへの熱い想いをヒシヒシ感じました。今新幹線の中でお手紙を読んでうるっとしてます。


昔のキャラも好きでいてくれる皆様とお話すると、
魂を込めた分身が一人歩きして、
それぞれの心の中で友達になり、
辛いときも一緒にいて
キャラを好きになってくれた人を支えてくれて
見えないところで皆と繋がっているようで
何だか幸せな気持ちになります。

何度も繰り返し足を運んで下さった皆様、二日間つづけて来て下さった方、お友達もつれて来てくれた方、本当にありがとう♪嬉しかったです^^

14514740232001_3.jpg

ウォーターオリオン様にて配付した出来立てホヤホヤの【新訳 星の王子さま】フライヤーも載せておきます。キクボン様のアプリをダウンロードしてお聞き下さいませ♪


それではまた何処かでお会いしましょう☆
皆様、良いお年をお迎えくださいm(__)m

20151230_142411_3.jpg14515615913210_1.jpg



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

アニメ・アテレコ体験講座☆2015

14505199651000.jpg14504989940050.jpg

昨日は年に一度の講師のお仕事
【青少年アニメ・アテレコ体験講座】でした。

クレヨンしんちゃんの監督であり、私の初主演のコレクター・ユイの監督でもあるムトウユージさんと、今年で17年目(!)のアテレコ講座☆



版権もののキャラクターではなく
自分が考えたオリジナルの絵を描いてもらって、キャラの設定や名前、台詞を考えてくれた子にはその場で私が生アテレコしていきます。

自分が作り出したキャラクターに声が付くと感動と達成感があるようです。
私たちは進み具合を見るために机を回っていくのですが、はじめは照れたり消極的だった子も、他の子のキャラに声が付くのを聴くと無表情だった顔が花がほころぶように笑顔になります。

そして、他の机を回っている私に付いてきて「ねえ・・・セリフ考えた。」と、キャラクターを持ってきます。

どんなに無反応な子でも子供には元々壁はないもの。最初から親友のように話すと最初はまったく目を合わさず喋らない子も、次に回って行くときには必ず自分から話しかけてきます。
そんな子供たちと友達になるのも、講座の楽しみの一つです。


絵を描く前、
頭の中にあった曖昧なイメージが、
設定や口癖を決めることでなんとなくまとまり、
紙に描くことで2次元になり、
さらに別のアイデアと声が加わって、
2.5次元になる。

音って、周りとイメージを共有する力がありますよね。


キャラに声や個性が付いてくると面白くなるようで、どんどん設定を複雑にしたものをもってきてくれます。

来年はみんなの創作キャラクターを撮影させてもらおう。

本当に斬新だったり、
個性的だったり、
可愛かったり、
自由な感性、爆発してます。


ちなみに、講師もオリジナルのキャラクターを考えます。
今年は、オリジナルじゃないけど
数ヵ月間共にいた【星の王子さま】☆
あの透明感は表現しきれないけど(**)

14505242052911.jpg

イベント終了後のサイン会で
「これ、10年前に頂いたサインです」とお母さんに見せられました。
今回は10年前にお姉ちゃんと来た時赤ちゃんだった子が大きくなって参加したとか☆

14505711182790.jpg

他にも幼稚園の女の子が「みさえ」をやりたいと手を挙げ、本当に全台詞当ててきたときはビックリ☆末恐ろしや・・・。
声はひまわりちゃんでしたが(笑)

今年も元気な子供達ばかりで楽しい体験講座になりました。毎年この時期みんなに会うとああ年末だなと実感(*´`)


ご来場頂き、ありがとうございました♪
そして皆さま、一年、お疲れ様でした。

14505146993961.jpg



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

☆オーディオブック【新訳 星の王子さま】☆

14470637688900_1.jpgthumb-1_1.pngplayer_1.png


倉橋由美子【新訳 星の王子さま】
http://kikubon.jp/sp/product.php?aKey=108
世界で一番美しく悲しい物語。
キクボン様にて11月28日配信スタート!!



磨き抜かれた言葉を散りばめたシンプルで美しい倉橋由美子の翻訳。心癒されるオカリナ音楽と共に朗読しました。もう一人の自分に会うための「大人のための星の王子さま」
オカリナ奏者・善久さんのBGMもお薦めです。


まず、倉橋訳の素晴らしい所は言葉のクリアさ美しさ。そして臨場感。 小さな子供に読み聞かせるのではなく全てパイロットの独り台詞です。
『砂丘の上に腰を降ろす。何も見えない。何も聞こえない。しかし何かが輝き、何かが沈黙の中で歌っている』(本文・引用)

そして、倉橋由美子さんの訳の一番の特徴は、星の王子さまは童話ではなく、大人のための小説である。というスタンスです。

私も以前からそう思ってました。
色んな訳がありますが【子供向け】を意識して訳されたものは、ある意味少しボヤけていて(どういう意味だろう?)と、却って原文を知りたくなりました。

全ての翻訳を取り寄せて口に出して読んでみて一番しっくりきたのが倉橋由美子訳。

もちろん他の方の訳もとても素晴らしいのです。
でも「大人のための、大人に向けた」というスタンスで選択されたシンプルな言葉が、自分の中でボヤけていた部分の霧を払ったようでした。


色んな章に鋭く研ぎ澄まされた澄みきった言葉がありますが、一番刺さったのは

王子さまが狐と友達になり、再び五千本の地球のバラを見て言ったときの台詞。

『きみたちは美しい。でも○○○○』

これ...台詞の読み方によっては王子さま酷い(笑)どう音声表現したかは是非確かめてみてください☆

王子さまは『ただの無邪気な子供』というだけではなく、パイロットの中にあった真実を見透す力を持つ【反大人の部分】。
全てを知っていたはずなのに無理矢理眠らせてしまった、瑞々しくて柔らかい「もう一人の自分」。

適応していたはずの現代社会から切り離され

砂漠の中でただ一人

生命の危機に晒されたとき

自分との対話の中で、静かに現れた・・・

そう考えるとしっくりきます。

王子さまは誰の中にもいる
真実を知るもう一人の自分。

きみと別れたくない、と悲しんだパイロットは、ちゃんと心の中で王子さまと一つになったのだと思います。

空を見上げたら星の笑い声が聞こえるようになったのですから。



物語が自分の中を通って音として流れ出たとき、それは【体験】になる。
その時間軸に入り感情移入して聴いた人にとっても。

朗読というものは、物語を紡いだ人の意識を現実世界に焼き直す【再体験】だと思います。

作者のメッセージを
どこまで再現・再体験できるかは、
どこまで意識を合わせられたか。

星の王子さまの中の登場人物を見ると
『大人』は昔からあまり変わっていません。

【忘れてしまった大切なこと】を思い出す道標であり、贈り物のようなこの物語を、一緒に体験できる朗読になっていたらいいなと思います。

これを機会に倉橋由美子訳星の王子さまを手に取る人が増えればいいな。

彼女の翻訳はエスプリが効いていて
サン=テグジュペリが表現したフランス文学のニュアンスに一番近いのではないかと思います。

現代に必要なメッセージが詰まった
【新訳 星の王子さま】
大人にも子供にも届けられたら幸せです。


オーディオブック
☆【 新訳 星の王子さま】 特設ページ☆
https://t.co/JNo1JL4iky


ただ今【新訳 星の王子さま】視聴感想メールを頂いた方に秘密のプレゼント企画中です。聴いて頂いた方は是非気持ちが新鮮なうちに!

☆応募はこちらまで☆
https://t.co/APiGNxF3oo
プレゼントの内容はまた後日♪

14474295365971_1.jpg14484667752160-2-1_1.jpg14485296596770_1.jpg14474197108260_1.jpg14483477670810_1.jpg

倉橋由美子作【ポポイ】の朗読イベントにて☆女優の村岡希美さん&新訳星の王子さま(文庫版)の解説文を書かれた翻訳家の古屋美登里先生と。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »