旅行・地域

2013年6月26日 (水)

夏の妖精

13719112955997.jpg

先日、お友達と
某所にホタルを見に行ってきました。

まだ薄明るい時間に着いたのですが、
だんだん暗くなってくると
河面の端の草のあたりにチカ~☆っと
光りはじめました。

一匹が光りはじめるとやがて
どこに隠れていたのか、

周囲でもチカ~☆チカ~☆と始まりました。

この地域一帯はホタルを保護するために
村ぐるみで協力していて
川岸の草も、蛍の繁殖時期がすぎたら
全て刈り取るそうです。

13719112530325.jpg13719112004553.jpg13719112794566.jpg

蛍の幼虫はカワニナという貝を食べて
大きくなるそうですが、
そのカワニナが、草が生い茂りすぎて
河が暗いと、育ちにくいとか。

そんなお話をして下さったのは、
ホタル保存会名誉会長の○○さん。

たまたま、川岸を散歩していたら
素敵な朱塗りの橋が掛かっていて
神社かなにかしら?と覗いていたら
なんと会長の自宅前でした。

中に招いていただき、
素敵なお庭の中で、お茶まで
頂いてしまいました(笑)

13720390628660.jpg13719111790352.jpg

ホタルのお話や
雑談で楽しく過ごしているうち、
すっかり日も沈み、
本格的なホタル鑑賞へ。

河の中や、田んぼの中、
橋の欄干など、

いろんな所に蛍が舞いはじめました。

源氏蛍は、思った以上に光が強く、
碧がかったLEDライトが点滅しているよう。

もの凄く近くまできて、
周りを舞い飛んでくれました。

生きてるんだよね・・・この光・・・

そう思うと、あまりにも綺麗で

綺麗すぎて、

泣けてきました。

本当に美しいものを見ると
人間って、なんで涙が出るんだろう。

蛍は1~2週間しか生きる事ができません。

幼虫のときに、ひたすらカワニナを食べて、羽化して成虫になったら、
水しか飲まない。

後は恋い焦がれて飛んでいるだけ。

雄は自分の光を発しながら
雌に信号を送って求愛する。

雌はその信号のフィーリングがあえば
受け入れる。

よく見ていると、たしかに
光る間隔や強さが違います。

雌は雄より光がちいさく、微かに光り
飛ばずに草に止まっている。

そんなに小さな光なのに、
雄はちゃんと見つけて、
光の信号を送ります。

だいたい、光ながら点滅して
サインをおくり、
雌も自分の間隔の光を送り返していました。

面白いのは、
複数の雄がいても、
その中にフィーリングが合った「雄」が居たとき、

雄と雌の「光の波長」が同じになる。

見ていて、シンパシーを感じた瞬間の
二匹の感覚がわかりました。

ものすごい、自然の神秘。

言葉もない虫たちは、
こんな「感覚」の世界で生きているのだ。

ほんの1~2週間の命の交流。

あの蛍はもういない。

精一杯恋をして
精一杯表現して
精一杯生きる。

だからあんなにも感動的で
美しい。

生命の美しさ、本能の舞に
胸が震えた時間でした。

人類誕生だって
地球創始からみれば、
ほんの一瞬の命だもんね。

ちなみに蛍は
大きな声を出したり
光を当てたりすると静かになってしまいます。

車のライトを上げたり
きゃあ!綺麗!!と騒ぎすぎると
安心して飛んでくれません。

人間たちは
彼らの世界を覗かせてもらう部外者なので

そっと静かに
彼らの本番の命の舞を邪魔しないように
気をつけたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

大江戸・聖地巡り☆

去年から時々、
羽黒山伏の大先達・星野さんが東京に来たとき、
近辺の聖地巡りをしている。

今まで神社は好きだったけど、
「パワースポット」と銘打たれた場所に
自分から調べて出掛けたことは、ほぼなかった。
ほとんどがたまたま行った旅先にあったり、
誘われた流れだったり。

ピンと来たり、縁がある場所が
自分にとっての「パワースポット」。


今回は最初に、「山王さま」・日枝神社に行った。

13588459688291.jpg 13588460303252.jpg

山王の「山」は山伏の山・・・
修験道のことらしい。

鳥居の形も、古くからの「神仏習合」
を表しているとのこと。

神道も修験道も仏教も、同居している。
古くからの日本はおおらかだ。

凄く気持ちの良い、都会の中のオアシスだった。
ちゃんとこの空間が守られているのがすごい。

次に行ったのが赤坂の豊川稲荷。
何故かここでの写真を撮っていなかった。

色んなお稲荷さんや神様、七福神がいて、
ここに行くだけで全て回れる感じ。
奥の方に縁切り神社もあった。

結構強い。

弁財天は、この辺の業界関係者に人気なのか、
沢山のプロダクションの名前があった。

13588481134225.jpg 13588481462506.jpg 13588481882927.jpg

そして、東京のお伊勢さま・東京大神宮。
伊勢両宮(内宮・外宮)のご祭神を御祭りしているのは
ここだけとか。

初めてお参りしたけれど
若い娘さんたちの行列にビックリ。
お目当ては縁結びのお守りのご様子。

13588486619388.jpg 13588486893489.jpg 13588487366400.jpg

根津神社。

ここも初めてお参りした。
名前は知っていたけど行ったのは初めて。

この神社も気持ちよくて、大好きになった。

13588492449062.jpg 13588493441155.jpg 13588493190694.jpg

そして、根津神社のまわりの通路側にあるのが
沢山のお稲荷さまと、

「胎衣塚」(えなづか)。

この胎衣塚はすごかった。
勤行中、般若心経のあたりで
こみあげて喉がつまった。

胎衣というのは、生まれた時に纏っている、
膜のような胎盤の一部。

昔はこの 胎衣を土に埋め、
上から沢山の人に踏んでもらって
その子の命が地に根ざすよう、祈りを込めたもの。

だからなのか、とても暖かくて
生命力に満ちている気がする。
経堂の胎衣塚に行った時も、お腹がすごく暖かくなった。

何故かここの写真を撮る時、
全部に変なラインが入るようになって、
最後まで直らなかった。

13588501298156.jpg 13588501587097.jpg

最後にお参りしたのが、神田明神。

聞いた事あってもまだまだお参りしていない所が多い。


こうして一日回ってみると
本当にそれぞれの地域ごとに神社がり、
コミュニティごとに氏神様が守るように祭られているのがわかる。


コンビニより多いといわれる日本の神社やお寺。

祭の時期は神輿を担ぎ
新年には初詣。

宗教、というより、
習慣のようになっている。

あたりまえになりすぎて
本来の意味を忘れている事も多いかもしれない。



昔からの日本人の
「見えないものへの感謝の想い」が形になったのが「神社」。
そう思うと、外からの教えも受け入れるおおらかさにも納得できる。

どんなに都会がコンクリートに覆われても、
神社の敷地内に残っている木や土が
正気に戻してほっとさせてくれる。


エジプトに何度も行っている知人が、
ガイドの現地人に聞いたお話を思い出した。

「エジプトでは壁画などに描かれる神様は
みんな、緑色をしている。
緑は水の有るところにしか生えない。
水は命の源であり、神と同じ。

だから、日本に初めて来たとき、驚いた。
飛行機の窓から見える緑に覆われた景色を見て、
神の国だと思った。」

お願い事だけしにいくのではなく
普段、忘れがちな、自然からの恩恵を思い起こすために

神社にお参りしても良いのではないかと思う。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ペルーの旅

久しぶりの更新です。


8月末~9月は、秋の峰入り修行、ペルー、マチュピチュへの旅と、
あまり東京にいませんでした。

御心配おかけしました。


facebookにも書きましたが、

消化するのに時間がかかるほど、
どちらも本当に得るものが大きかった。。。


修行の内容の方は、詳しく書いてはいけないので、
ルルドの泉以来2度目の海外・ペルーの旅について
少しずつ綴っていこうと思います。


巡礼の意味合いが濃いこの旅でしたが、
ペルーの観光の面も少しお伝えできればと思います。

13491489902572 13491490394393

2012年9月10日。

成田空港に集合。

15:55の便でしたが、13:00頃集合し、

折り畳み式バッグや貴重品ポシェットなど、必要なものを買い揃えました。

まずユナイテッド航空でヒューストンまで行き、
そこから乗り継いでリマへ。

リマからランチリ航空でクスコまで行きます。


リマ行きまでの6時間あまりの待ち時間を入れたら
26時間、移動にかかるということに。。。

あまりそんな感じしなかったけど、
確かにやたらと何回も機内食が出るな~と思った。

うとうとしたら、ご飯。
また一寝入りしたらご飯。

という感じで4~5回目の機内食。

「もう無理!これ以上食べられません・・・」という時、
やっとヒューストンへ着きました。

13491491743286_2

私の下手なスペイン語&ジェスチャーに受けるお姉さん。
旅の指さし会話帳、大活躍でした。

できれば、「ドル使えますか?」「両替出来る所はどこですか?」の訳も欲しかった。。。


次のリマ行きの便まで6時間ほどあるので、
それぞれドルをソルに替えたり、
高山病の薬を買ったり。

あとは時間まで隅っこの床に横になって
仮眠をとりました。

結構他の国の方々も
普通にゴロリと床に寝てます。

13491490998724_2
半端ない大きさのキャンディーバー発見。

そして、朝の6:30頃、ついにクスコへ到着!

空港についたとたん、

「あれ?」

と、違和感を感じました。
何だか、登山した時と同じ感じ。

そう、空気がうすいのです。

この街自体が標高3600mあり、
富士山の9合目と同じくらい。

ここで、何度もペルーに来ている
エハンさん&ソニアさんと、合流し
バスでホテルへ。

 

13491492732338

ホテルではじめてコカ茶(コカインの原料でもある)を頂きました。

ライムが入ってて癖のない味で美味しかった。
コカ茶は、高山病の予防にもなるそうです。

ほとんど、80%の人は頭痛や吐き気など、
高山病の症状が体の弱い所に出るとか。

しかし薬を飲んで抑えても
効かない人もいるらしい。

皆さん飲んでらっしゃいましたが
私は実験のつもりで飲みませんでした。

13491493359730

ホテルの鍵が可愛い。

( 続く ・・・)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

色んなところにいっている・2

Nec_2477_2

行きたかった那智の大滝。

マイナスイオンが心地よかった。

私たちの団体以外、誰もいなかったので

久々に自然に向かって歌いました。

自然と音で会話するのが好き。

特別なことじゃなく、古代人はみんなやっていた気がする。

動物もそうだしね。

Nec_2418_2_5

女人高野と言われる宝生寺にも

連れて行ってもらいました。

Nec_2435_2

重要文化財の吉野水分神社(みくまりじんじゃ)

にも行きました。

秀吉献上の神輿とかが普通に、無造作に置いてある。

おおらかだった・・・。

などなど、急に思い立ったようにまとめてみましたが、

今年はまだまだ色んなところに行く模様です。

ここらでUPしておかないと忘れそうだわ。

想定外のスケジュールが入るので、

もう流れにまかせます(笑)

201205171547001
自作のリースもUP。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年は色んなところに行っている

写真整理してると、

今年はなんだか色んなところに行っている。

ツイッターで流れた分もあるので、ちょっとまとめてみました。

修験道は毎年行くけど、

天河の節分祭から始まって・・・

Nec_2361

そこで出会った方々と

飛鳥の石舞台の方へも足をのばしたり。

石舞台には初めて行きました。

年末にやらせて頂いた「久遠の絆」で

万葉が祝詞を奉上した場所は、ここら辺かしら?

Nec_2399_2
Nec_2398_2

この石舞台、蘇我馬子のお墓という説もあるようだけど、

むしろ神殿とか、祈りを捧げる場所だった感じがしました。

そのほうがしっくりくる。

すこーんと明るく気が通ってる感じ。

飛鳥は太古の日本のままの雰囲気が残ってるような。

のどかに、和やかに、自然と共存していたんだろうなと思います。

Nec_2409_2_2

持統天皇の「衣ほすてふ 天の香具山」

山…というか丘だな、あれは。

Nec_2411_2

そして知る人ぞ知る「龍穴神社」。

初めていったけどすごく好きでした。





| | コメント (3) | トラックバック (0)